fc2ブログ

今日は男装

今日はこれ。


男性の第一礼装、五つ紋付羽織袴の着せ方を習いました。
こんな格好、もう2度とすることないと思うので記念に一枚撮っておきました。

羽織袴ってお腹が出てないと着付けが難しいのだった。

さて、私の今日の出で立ちはこちら。



先週、京王デパートの催事で見つけた掘り出し物。ちょっと大きめだけど、なかなか素敵です。着物が、です。

夏の着物って透けて見えちゃうから、下着に気を遣います。
今まではローライズの外に響かないパンツをつけていたのだけれど、やっぱりちっとひびく気がする。で、みつけたのが、「湯文字」という代物。
こんなものです↓

なかなかいい感じです。パンツをはかないことに最初は抵抗があったけど……。

夏の着物って思ったほど暑くはないけれど、やっぱり汗はかく。

だから、夏の長襦袢はポリで通そうと思っていたけど、ポリは通気性が悪くて、汗が張り付いて気持ちよくない。お洋服の世界ではどんどん新素材が開発されているんだから、着物の世界にもあるんじゃないかと思って、いろいろ調べていたら、東レの「爽竹」っていうのがあるという。竹の繊維を使った合繊なのだけれど、麻と同じくらいで絹より涼しいという評判。

で、早速、爽竹の長襦袢かって着てみましたらば、いい感じです。ざぶざぶ洗えるし、最高です。

衣紋引きがついていなかったので、美容襟を付けて完璧です。(最近、私、よく針を持ちます。信じられないことに。)



スポンサーサイト



家紋

喪服を作ることにした。紋付きってやつ。

しかし、困ったことに夫の家の家紋がわからない。

実は、姑が亡くなったとき、家紋どころか宗派もわからず大騒ぎしたのだが、家紋については未だに不明。姑の葬式の時は、姑の着物についていた紋で切り抜けた。おそらく、姑の実家の紋だと思うのだが……。

着物の文化の中では、喪服というのは5つの紋を入れなければいけないらしい。普段は、格とかしきたりとかということは全く気にしないけれど、「式」がつく場では一定の形を守るという常識は私にもあるので、紋は入れねばなるまい。

というわけで、家紋について調べてみた。

その結果、家紋って由緒正しく代々受け継がれていくものかと思っていたら、実は全然ちがって、お気楽なものなのだということがわかった。好きな文様を勝手に家紋にしてもいいらしいい。あ、家紋っていうからには家族の同意が必要なわけだけれど。でも、きっと、我が家では次の代に受け継がれるかどうかわからない。一代限り。

あ、そうしたら、それは家紋とは言わないかも。いずれにしてもオリジナルなのを作って、これが我が家も紋ですって宣言すればいいらしい。

で、チ・ジニの顔を家紋にしちゃおうかな~、なんて考えたのだが、喪服に紋を入れるに当たって、オリジナルな紋は版代がかかるらしい。そりゃそうだわね。で、それは止めにして、一般的な紋のなかから何かを選ぶことに。

さて、どれにしようかな。

スマホ機種変更で通信費大幅削減

4月にスマホの機種変更をしたおかげで、モバイルの通信費が半減したのでした。

一番大きいのは、wimaxを止めたこと。
新しいスマホのテザリング機能のおかげでwimaxが不要になったというわけ。
でもって、なんだかんだとお得な割引が付けたらば、全部で4000円台に収まってしまいました

そして、今度のスマホは画面が大きいから、Nexus 7もあまり使わなくなってしまった。外出するときはスマホで十分。新聞も本もストレス無く読めるのだった。テザリングオプション500円不要かも。

可愛い奴だわ、htc J butterfly。


女流画家協会展へ

上野の東京都美術館で『第67回女流画家協会展』を開催中。7月6日まで。



高校の美術部で仲良しだったさなえちゃんが出品してるので行ってきました。去年も招待状を頂いたのだけれど、ジニさまが福岡にいらっしゃったり仕事が忙しかったりのてんやわんやで失礼しちゃったので、今年は何としても! と万難を排して(大袈裟)。

『眠らぬ塔』って題がついてたかな?

で、最近、お出かけの時は きもの な私。7月になったし、夏のきものに初挑戦。暑くなりそうだったけど……。





今日はひとりで出かけたのでセルフカメラで。

絽の小紋ってことになっているけど、織り方がなんだかな~~って感じがなきにしもあらず。まあ、しょうがないです。きものと長襦袢と帯揚げ、帯締め、夏の草履とぜ~~んぶで3万円だもん。

暑くないように補正は少なめ。その分、きれいに決まらない。いや、補正のせいではなく腕が悪い

上野って我が家からはちと遠いので、出不精な私にはちょっと苦手な場所。

でも、公園内を歩いているととっても気持ちがいい。木陰の風が涼しくて、きものでもおっけ~でした。

日傘を預けた傘立ての鍵。なんだか幸せ。



プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者