fc2ブログ

土屋順紀と紋紗

先週土曜日、美しいキモノ・アカデミー「第15回・重要無形文化財「紋紗」保持者の土屋順紀先生の制作の現場から」に行ってきました。

土屋先生が制作をされている自然豊かな関市のお話から、現在のお仕事に至ったいきさつ、草木染、織り技法、先生ご自身の創作への思い等など、楽しく勉強になるお話を伺いました。


とても柔らかな語り口が印象的でしたが、何より先生の作品のすばらしさにうっとりしてしまいました。
 実は、この講座の前、美しいキモノの春号と夏号の人間国宝対談で土屋先生との森口邦彦先生の対談が掲載されていて、その記事に使われていた先生の作品の写真を見ても、何がいいんだろう? と思っていたのでした。しかし、実物を見るものですね。優しい色と見事なまでの透け感は実際に見てみないいと。
 
   1472289102499.jpg
先生は身近に生えている植物から糸を染めるのだそうです。草木染が優れているとか化学染料がよくないとかではなく、化学染料を使ったことがないからだと。

1472289059540.jpg 

そして、改めて紋紗の組織について調べてみました。

織には平織、綾織、繻子織という三原組織があります。着付け教室の師範科の試験で出てきましたっけ。

三原組織は経糸と緯糸を交差させて織りますが、それとは違って経糸が交錯して緯糸間に隙間をつくる綟り織とか搦織(からみおり)と呼ばれる組織があります。綟り綜絖(または振綜絖=ふるえそうこう)と呼ばれる特殊な綜絖を使って織り、お着物の世界でよく出てくる紗とか絽とか羅は、この捩り織を基本にして織られます。

紗は、経糸2本(綟り経と地経)が一組になって、綟り経1本が緯糸1本ごとに地経1本と右や左
に交錯する織物です。
紗組織
この紗組織と平織の組み合わせで文様を表した織物を紋紗といいます。経糸・緯糸に同色の糸を使い、組織の
違いのみで文様を表す。薄く、透き目があるので通気性に優れ、夏向きの織物です。

紋紗 

と、こんな風に説明はできても、実際の生地を見ると組織が細かくて、よくわからないことが多いのです。まだまだ修行が足りません。

で、最後に講座参加の記念写真です。

1472289081281.jpg 
この着物も紋紗なのですが、写真では全然わかりません。帯締めの選択が残念でした。(;´д`)


スポンサーサイト



tag : 土屋順紀紋紗

和裁に挑戦3

久しぶりに和裁の授業。
で、ついに袖付けが完了。



上が単
下が袷の袖になっています。写真ではちがいがわからないかも。

そして、次の工程は裾よけ。
ただ縫えばいいのかと思ったら、苦手なくけ縫いが多くて難儀しましたが、腰布付ける手前までは何とか到達。



次回は9月9日。
完成は9月末の予定。

和裁も結構おもしろくって、単のお着物くらいは自分で仕立てて見たいな~、なんて思っていたけど、まずは運針がきちんとできないと真っ直ぐ縫えないし、くけ縫いも運針できてこそだから、先は長い、というか少しずつ、自分できものを仕立てるという計画はしぼみつつある。トホホ(;´д`)

でも

これからは、仕立て代高い! なんて文句は言わないことにします。


結晶っていう難物

「結晶」って言葉にはいつも悩まされる。

まず数の問題。
通常 "a crystal" なのか"crystals"なのか。

そして「結晶粒」ってなに。
辞書的には "crystal grain"なのだが、grain とparticle の違いって?

粉体中の結晶粒子ってparticleじゃないか? とか……、結晶子と結晶粒ってどう違うのかとか、悩みが尽きない。

ま、ふつうは粒子はparticleでもgrainでもたいして違いはないのだが、結晶を扱う場合はそうはいかない。普段は納期に追われて、そこら辺のあいまいな部分をぼかしてやり過ごしてきたが、今回はちょっと時間があったので、じっくり調べてみた。

結晶の最小単位が結晶子 crystallite
結晶の方丸の中の単結晶とみなせる部分を言うらしい。

この結晶子と似たようなのが結晶粒 crystal grain。
この定義は非常にあいまいだけれど、結晶が固体状の塊になっているときの単結晶といってもいいかも。
いろんな画像から判断するに、結晶の粒が界面を形成するようにくっついている場合の粒のことともいえるかも。

でもって、そんなような結晶同士が凝集してできた粒をparticleっていう。

大きさを比較すると、概して crystallite <= grain < particle ってことになるんでないか?

そんなわけで、「結晶粒子」なんていう単語が出てきた場合にはどういう状態の粒子なのかをよ~く考える必要がある。

でもね、「結晶粒子」がparticleである場合は、わざわざ「結晶」つけなくてもいいんじゃないかと思う。
例えば、「フタロシアニンの粒子」というのとどうこがうがうんだろうか。
フタロシアニンが結晶性だということを強調したいのなら、もっと他の表現があると思う。

野村万蔵さんとサマーパーティー

一昨日は、通っている着付け教室のサマーパーティー。毎年、8月の第一土曜日に明治記念館で行われる。

今年のゲストは狂言の9世野村万蔵さん。

日本の伝統芸能の違いを、太郎冠者の台詞「畏まってござる」の言い回しを例にとって説明してくださったり、狂言の衣装のお話をしてくださったり、とても面白かった。

狂言の衣装は着付け士さんが着付けてくれるわけではなく、役者さんがお互いに着せっこするし、管理も全て自分達でするにだそうだ。

万蔵さんの着付けの手が見事で、見いってしまった。




万蔵さんのお話のあとは、お料理。今年は和食。




明治記念館は和食にほうが美味しい気がする。先付けの蒸し物が特に美味だった。

で、今年の私のお着物はこれ。



尾峨佐染繍さんの絽の訪問着と上村陽道先生の紙布の帯。

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者