fc2ブログ

着物を着るにも科学する心が大切だ。

羽織紐を落としたと昨日書いたが、原因は静電気。

いえ、静電気が直接紐に採用したわけではない。

着物が静電気で足にまとわりついて歩きにくくて、裾を直しながら歩いているうちに、紐が落ちたのだ。

そこで静電気の発生原因を改めて振り返ってみた。

一昨日の着物、長襦袢、下着の組み合わせが最悪だったのだ。

下着は裾除け部分がポリエステルの着物スリップ。長襦袢は正絹。そして着物はシルック(八掛はたぶんシルックではないポリエステル)。

なんで一昨日に限って正絹の長襦袢にしちゃったんだろうって、後悔しきり。

ポリエステル+ポリエステル+ポリエステル の組み合わせなら静電気は起きないが、間に絹が挟まってしまったおかげで、ポリと絹 絹とポリの間で、それぞれ静電気発生の最悪パターンだったのだ。

絹は静電気起きないっていう人がいるけど、それはうそ。絹はプラスに帯電する性質があるので、マイナスに帯電するポリエステルとは相性が悪い。

私は大概、長襦袢にはシルックを着る。シルックはポリエステルだが静電防止加工がしてあるので、着物が正絹でもほとんど静電気は起きない。長襦袢がポリエステルのシルックということで、下着も大概、裾除け部分がポリエステルの着物スリップを愛用しており、静電気に悩まされるということはあまりなかったのだが、あまり考えないでいると今回のような失敗をする。

正絹の長襦袢を着るときに注意しなきゃいけないのは、特に裾除けの素材だ。今回の私のように裾除け素材がポリエステルなんてのを着てはいけないのだ。シルクの裾除けなんていうのはあまりないし、高価なので現実的ではない。綿素材は静電気の心配はないが裾裁きが悪い。一般的なのはキュプラ(ベンベルグ)だろうか。キュプラは綿由来の化学繊維で、比較的帯電性が低いし、裾裁きも軽い。だったら普段からキュプラ素材にすればいいのだろうが、手軽さという点で着物スリップに軍配が上がってしまう。

因みにレーヨンもプラスに帯電する性質があるので絹とは相性がいいと思う。

つまりは、着物を美しく着るには科学する心が大切だということだ。という教訓を得て、今年の投稿はおしまい。

みなさま、よい年をお迎えくださいませ。



スポンサーサイト



羽織紐をおとしてしまったの

昨日の夕方、夫と二人で忘年会参加にため高幡不動に出かけたのだが、電車に飛び乗って、着物の乱れを直そうとしたら、羽織紐がない!

ショック! 結構高かったし、気に入って使っていたのに。

でも、なくしてしまったものは仕方がないと諦めて、羽織の前は手でそれとなく押さえて、ちっと落ち込みながらも飲み会へ。

会場は高幡不動駅すぐ近くの「二花あづま」。お魚とお酒が充実していておいしい。定番メニューの品数は少ないけれど、その日に入った食材をいろいろ工夫して出してくれるみたい。

昨日は、鰆のお刺身が甘くてとてもおいしかった。蓮根と柿に白和えもよかった。なめろうとだし巻き卵はおすすめの定番メニュー。

なんて舌鼓をうちほろ酔い気分でお店をあとに。

帰路、ダメもとで羽織紐落ちてないかなーと行きと同じ道をたどってみた。そしたら、あったのよー。蝶結びにしていたのがほどけて2本ほぼ平行に並んでた。落としてから約5時間、誰かに踏まれて蹴とばされて、結びが解けて、それでも2本並んで転がっていた。

よかった。うれしかった。

そんなに汚れていようには見えなかったけど、誰に踏まれたかわからないし、洗ってみたい気もしたし、ってことで、洗っちゃった。

 20161230175818369.jpg

こうして戻ってきた羽織紐。もう落とさないようにしなくちゃ。

さて、ついでに今週のお着物コーディネートを。

20161230175541997.jpg 
飲み会の日にはシルック。帯はリサイクルで手に入れた名古屋帯。胴の柄を真中に持って来るのが難しい。
 
20161227164425240.jpg 
こちらは月曜日に某ジュエリーの展示会に行った時。大好きなる紬とねん金の名古屋帯。


お寿司でクリスマスイブ

昨日はクリスマスイブ。
でも、我が家はクリスチャンでもないし、クリスマスを楽しむような年齢の子もいないし、熱々の恋人同士でもないので、クリスマスだからと言って特別なことはしないのだけれど、美味しいものが食べたくなったので、夫と二人でご近所にあるお寿司屋 三扇さんへ。

珍しい魚が入ったといって出してくれたのが、はっかくという魚。
ワサビの隣のヒレみたいな魚。北海道の魚ということだ。

20161225145737370.jpg 

とろっとしているけどコリコリな歯ごたえもある。

寒かったのでまずは熱燗をちびりちびりとやっていたのだが、そんな珍しいお魚をお刺身でいただけるということで、しっかりと味のあるお酒にスイッチ。静岡の「開運」純米を2合。しっかりとした味があるけどキレもあるおいしいお酒だ。

20161225145733123.jpg

アワビの肝を出してくれたので、お酒がますますおいしい。なので、別のお酒(なんだっけ? 不覚にもわすれてしまった)をもう2合。

ほかにいただいたお料理は
先附にヌタと鮟肝
白子
20161225145725459.jpg 

焼き蛤
サザエのつぼ焼き
夫が貝好きだから、必ずこの2品は出してくれる。
20161225145715171.jpg

白魚のから揚げ
20161225145718376.jpg

白子の豆腐(?)
20161225145705469.jpg

このところ、風が強くて海が荒れ模様で魚が取れないとのことだったけど、ない時はないなりに工夫してくれるから、この店大好き。

最後はいつものお寿司とデザートを頂いて、満足なクリスマスイブだったのだ。


合格させていただいた

昨日テレビを見ていたら、新妻聖子がミュージカル女優として活躍するまでのいきさつを語っていたのだが、
「~のオーディションに合格させていただいた」
といったのには驚いた。

最近の「~させていただく」の乱用には辟易していたのだが、ここまでくると開いた口がふさがらない。

「合格させていただいた」という言葉からは、彼女の努力などみじんも感じられず、誰か有力な人に、「合格させてください」とお願いして回って、袖の下なんか渡している姿を思い描いてしまう。

因みに「させていただく」は相手の許可により自分が行動をする場合や、相手のおかげで何らかの恩恵を受ける場合に使う。

そして、こんなの見つけた。
この言葉に私と同じように違和感を覚える人っているんだな。安心した。


着付け教室高等師範科を修了しました。

先日、4年間通った着付け教室の高等師範科を修了し、その認定式がハイハット・リージェンシー東京であった。

認定式というフォーマルな場なので、格の高い訪問着と帯をということでこんな感じにまとめてみた。

20161221113254243.jpg 

20161221113258009.jpg 

20161221113256179.jpg 

着物も帯も和田光正の金彩友禅。着物の文様は御所解にかなり近い茶屋辻文様。帯は御所解。

帯は織にしようか迷ったのだけれど、この帯はこんな時にしか絞められないし、着物と合わせて御所解になるし、華やかなので。

格ということでいえば、こういう着物にはやっぱり紋は必要だと思った。いずれ、一つだけ入れてもらおうと思う。

↓は教室のFBを埋め込んだものです。それはそれは盛大な式でした。




人気ブログランキングへ


『きもの草子』

先月、現在サントリー美術館で行われている「小田野直武と秋田蘭画」展の記念講演会に行ってきた。法政大学総長の田中優子氏の「日本文化にとっての小田野直武」というタイトルの講演だった。いつもテレビに着物姿で出演されている先生だったので、講演内容より先生のほうに興味があったからだったのだが、江戸時代は第1次グローバリゼーションが完成した時代だったという話が非常に面白くて、聞き入ってしまった。

16世紀末にフィリピンのマニラ港が開港して太平洋が結ばれて世界がに繋がり、その影響を日本ももろに受けたという。異文化や海外の価値観が国の体制に影響しないように鎖国したはずなのに。

外から入ってくる力に対抗するために国を閉じたのだろうけれど、それでも否応なく入ってこようとするものに対応するためなのだろう。新し体制や産業を用意する必要が生じて、中国や、オランダ東インド会社を通してヨーロッパから情報や物を導入し、外国から入ってくるものを参考にして日本の職人が物を作りたのだという。

そんな話を聞いていてふと思った。室町時代の小袖が江戸時代に現在の着物の様式になっていったのにはこういう背景があったんだなと。着付け教室で習った織や染めの歴史に繋がるところがあると。

もう少し氏の著作を読んでみようと思い、探していて目に留まったのが『きもの草子』である。

20161216152409226.jpg 

1月~12月の月ごとに、その季節に沿うように氏の思い出の着物と帯を紹介し、着物の歴史やアジアの布の話などなど、それにまつわるエピソードが綴られている。江戸文化の研究者である氏が着物を通してアジアの中の日本を再発見させてくれているようなとても新鮮な感覚のきものエッセーだった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【バーゲン本】きもの草子 [ 田中 優子 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2016/12/16時点)



人気ブログランキングへ


レースの半衿

着付け教室の先生から、半衿にでもと、レース生地の切れ端を頂いたので、半衿としてつけてみた。

20161213202402146.jpg 

白いレースだったので、以前、500円で買ってそのまま眠っていた青みがかった半衿をベースにして、それにレースを縫い付けてから襦袢の衿に掛けた。

なかなかいい感じ💛

そうして昨日は、「きものsalon」や「美しいキモノ」にしばしば登場する呉服屋さん秀やさんの「歳忘れパーティー」に丸ビルのフレンチレストラン サンス・エ・サヴールへ。

東京駅をでたところで、インドネシアかマレーシア人(ヒジャブを被っていたのでたぶん)の観光客に「写真を撮ってください」と声をかけられた。私が撮ってあげるのかと思ったら、一緒に撮ってくれということだった。着物姿が珍しかったのだろう。以前にも何度かこんなことがあったけど、悪い気はしない。

パーティー終了、お散歩がてら友人と日比谷方面に。街はもうどこもかしこもクリスマスモードだった。東京は平和なんだな。

20161214161247096.jpg 


全国47都道府県の一番搾り制覇

47本揃いました。


飲んだ時期のまちまちなので正しい評価とはいえないとは思うけれど、ふつうの一番搾りが一番おいしいわ。
初期に発売されたのは、結構頑張っていたけど、最後に発売された9本はどれもいまいちだったような気がするのだった。

三遊亭兼好さんとともに

着付け教室の卒業生の会、青山華の会。年に4回、自分ひとりだけではなかなか体験できない、体験しないことができる会なので、毎回楽しみにしている。
今回は、落語家の三遊亭兼好師匠をお招きして、KKRホテル内「たけはし」で落語とお料理を楽しんだ。

落語ファンの夫に話したら、寄席に行くのではなく、師匠を読んで落語? なんて贅沢な、って、びっくりしていた。お着付け教室とは、師匠が若い時からのご縁だそうなので、特別にってことなのかもしれない。

私としては、初生落語。
20161207144455345.jpg 

前ふりがおかしくて、もしかして、今日はこのまんま落語はないのかと思ったくらい笑ったけれど、やっぱり一席やってくださった。「宮戸川」の上。「上」というのは、このお話、上下の2部に判れいるらしい。前半は男女がとってもいいムードになったところで終わる。でも、後半は聞かないほうがいいらしい。



  志ん朝と比べては申し訳ないけど、面白かった。

そして、「たけはし」のお料理、とてもよかった。

20161207144448051.jpg 

おいしかった~。

20161209220632302.jpg 

街はもうクリスマスモード。

この日のお土産は、日本橋玉英堂の、生地と3色の餡と栗で5層のお饅頭。

20161207144451256.jpg 

こんな素敵なお饅頭だとは思わずに、無造作に切ってしまってちょっと残念な姿。見た目に凝っている分、味は……、と思うのはきっと私だけなんだろうな。庶民の味に慣れ親しんでいるので。

次回の華の会は2月。お能だそうだ。予習が必要だ。


人気ブログランキングへ

ルイス・フェリペ・エドワーズ LFE 100

忘年会シーズン突入にはちと早いようにも思うけれど、わが夫はすでにその前哨戦のよう。今週は4日も飲み会で、私は孤独に夕飯。

なので、2日で1本ペースで独りでワインを開けようと。それも実は密かな楽しみなのだ。
何しろ赤ワインは2日目のほうがおいしい(と思うのは私だけかもしれないが)。

そして選んだのがこのワイン。

20161201210613383.jpg 

ルイス・フェリペ・エドワーズのプレミアムクラスの赤。

チリ マウレヴァレー産のカリニャン。
フルーティーな香りと、深く濃い赤。口に含むとピリリっとスパイシーな感じが漂うのだけれ、それがやがてまろやかに変化していくような、不思議な味。どこかで似たような味に出たったことがある気がするのだが。

カリフォルニアワインのThe prisonerを思い出した。個性的で刺激的な印象がthe prisoner とどこか共通するのかもしれない。

prisoner はプリミティーボやカベルネ・ソーヴィニヨンなどブレンドしたワインだけれど。あ、カリフォルニアワインなので、プリミティーボとは言わずジンファーデルだった。

ま、そんな能書きはどうでもよく、とにかくおいしかったので、不覚にもぺろりとあっという間に空けてしまったのだった。

今晩のお供をどこかで調達しなければ……。

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者