fc2ブログ

シャトー十勝1999とその仲間たち

今年の初めに、飲み仲間から十勝ワインをたくさんもらった。池田町ブドウ・ブドウ酒研究所製造のもので、安く手に入ったからだと言っていた。

しかし、これが全くうまくないのだった。なんだか薄いし、バランス悪いし、酸味と渋みが献花し合っているような……。

20170207231821114.jpg 

20170207231749590.jpg

20170617161054665.jpg 

シャトー十勝とセイオロサムはそこそこ飲める感じではあったが。

やっぱり十勝のワインはうまくないんだなと思い、最後の1本は飲まずに放っておいたのだが、先日、ワインをくれたと飲む機会があて、その際、ワインの感想を求められた。

全部を飲まずに「まずい」と評価するのも失礼なので、昨日、ついに最後の1本を開けてみた。

そうしたら、これがびっくりぽん。開栓したときに立つ香りが全然いいし、おやこれは期待できるかもとは思ったのだが、実にうまかった。最初はかなり強い渋みを感じたのだけれど、さわやかに口の中に広がって心地いい。あとは、ぐびぐび、あっという間に一人で飲んじまいました。

そのワインがこれ。

20170616191231167.jpg 

シャトー十勝1999。池田町ブドウ・ブドウ酒研究所のホームページで調べたら、1999年はグレートビンテージだそうだ。ビンテージでこんなに味が違うのだと、初めて教えてくれたワインである。


スポンサーサイト



プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者