fc2ブログ

着物の文様勢揃い@サントリー美術館

サントリー美術館で、夏休み企画「おもしろびじゅつワンダーランド2017」が開催されている。
その中のひとつに、江戸時代の女性のきものや能装束などを参考に、自分だけの着物を考えようといコーナーがある。子供たちが楽しむためのものなので、大人の私は展示されている着物を見るだけだったが、文様の勉強になった。

美術展は大概写真撮影禁止だが、この夏休み企画だけは写真撮影OKというので、写真もたくさん撮らせてもらった。

20170825_152235.jpg 
白綸子 梅に熨斗蝶模様打掛(19世紀 江戸時代)

熨斗蝶とは、熨斗と呼ばれる色紙を折り紙のように折って蝶の形をつくったもの。蝶は長生きを意味する。

20170825_152119.jpg 
白綸子地橘亀甲文字模様小袖(18世紀 江戸時代)

正六角形がつながった形が亀の甲羅に似せた文様。長寿の亀と同様に亀の甲羅もおめでたい文様である。

20170825_151432.jpg 
能装束 段に流水海松(みる)貝模様縫箔(18~19世紀 江戸時代)

ふさふさとした海藻の「海松(みる」と様々な形の貝を組み合わせた貝尽くし文様を、刺繍と摺箔で表現する縫箔という技法で施している。

20170825_151528.jpg 
能装束 間道縞に桜蜘蛛巣文様縫箔(19世紀 江戸時代)

蜘蛛の巣を張って虫をつまえるように、「幸せをつかめますように」という願いが込められた蜘蛛の巣文様と桜の文様。桜hあ、花びらが散って変わった形になってしまった様子まで、細かく表されている。

20170825_151712.jpg 
納戸縮緬地草花千鳥風景模様小袖(18世紀 江戸時代)

松が描かれている。松は、冬でも葉を落とすことなく、緑色の葉をつけていることから、長生きを意味するおめでたい文様である。

20170825_151802.jpg 
紫絹縮地葦に鷺模様単衣(19世紀 江戸時代)

20170825_151903.jpg 

涼しい水辺で生活する鷺は、暑い夏にぴったりの文様である。絹縮に施した刺繍が美しい。

20170825_151933.jpg   20170825_152004.jpg
浅葱紋絽地流水花束模様単衣(18~19世紀 江戸時代)

菖蒲を花束にした文様。その華やかさから、江戸時代の武家の女性に好まれたということだ。文様もさることながら、絽目と地紋の細かさに目が引き寄せられた。

20170825_151227.jpg 
能装束 霧唐草紅白段模様厚板唐織(19世紀 江戸時代)

鳳凰の住処と考えられている桐と、唐草との組み合わせ。唐草文は古くから世界各地で使われた文様である。唐織の見事さに目が奪われた。

20170825_151322.jpg 
能装束 菊水霞模様縫箔(18世紀 江戸時代)

渦巻く川に浮かぶ菊は、中国の伝説に基づく文様だそうだ。不老不死を意味するとのこと。

着物の文様には、幸せでありたいという人々の願いが込められていたのだということを再認識した。

        

スポンサーサイト



tag : 文様

ペリエ ジュエ ベル エポック 2007

先週土曜日、銀座のアルマーニ リストランテで行われたパーティーに招かれた。
飲み物はペリエ・ジュエ各種。しかもメインにベル・エポック 2007が出されたのには感激。どれも美味しかったけれど、これは格別の味だった。

お料理は以下。
20170826_184732-COLLAGE.jpg 
スカンピのクルード カブ
クロマグロとフェンネルのコンフィ からすみ添え
冷製スパゲッティ ぶっらーた キャビア
ブラックアンガス牛フィレ肉のロースト ポレンタ ポルチーニ
桃のバラ仕立て
コーヒー

シャンパンは
ペリエ・ジュエ  グラン・ブリュット
ペリエ・ジュエ ブラン・ド・ブラン
ペリエ・ジュエ  グラゾン・ロゼ
ペリエ・ジュエ  ベル・エポック 2007

エミール・ガレがデザインしたアネモネのボトルの写真もしっかり撮らせていただきました。

20170830095831793.jpg 

        

夏のきものの身幅を出してみた

着付けを習い始めたころにリサイクルで買った夏の着物(麻かまたは麻混とおもわれる)。
昨年、夏の終わりに、洗濯実験をしてみたところ、なぜか身幅が縮んだ。普通、縦には縮むが横にはあまり縮まないと思っていたのだが、横に数パーセント縮んだ。洗濯した後、縦に縮むのを抑えるために、縦方向に思いっきりプレスしたせいなのか?

あるいは、縮んだというのは勝手な思い込みでただ太っただけかもしれないが、右の脇線が思いっきり飛び出して着姿がぶざま。あきらかに身幅が狭すぎる。

しかし、あきらめるには惜しい。そこそこ気に入っていたので、自力で直すことにした。一重の着物だし、居敷当てもついていなかったので、脇だけほどいて、必要な寸法分出して、また縫えばいいだけなのだから。

20170828175722258.jpg  20170828175740215.jpg

と、こんな感じで作業を開始。和裁の基本は「縫って絎ける」だよね~と自分に言い聞かせつつ。う運針は相変わらずうまくいかないし、絎けるのも相変わらずへたくそだけれど、時間さえかければ何とかなるものだ。

20170828175518585.jpg 
できあがり

ついでにコーディネートも記録しておく。
20170828175604774.jpg 

今年は、洗濯した後のアイロンがけのとき、無理に縦に延ばさないようにしようと思う。

        

~することが好ましい

~することが好ましい。

特許明細書ではよく使われる表現で、ちょっと前までは preferably を使って訳すことが多かったが、最近の米国特許の実務では preferably の使用は敬遠されるようだ。advantageously も同様に嫌われる。

あるとき、クライアントが advantageously を beneficially に修正してくれたのをきっかけに、beneficially を使っていたのだが、他の表現も欲しいとも思っていた。

さて、現在扱っている案件に
「縮合反応は加熱下で行われることが好ましい。」
とう表現が出てきた。

Preferably, the condensation reaction is performed during heating.
などの訳が数年前だったら許されたのだが、「好ましい」をどうするかという問題と共に、「行う」にperform を使うのも芸がないということで、いろいろ調べていたら、

"~reaction is favored during heating."
という表現を見つけた。

そして reaction is favored は、かなりの頻度で使われているのだった。

cover と coat

「覆う」をcover とするか coat とするか迷う。
coatは、 膜で表面全体を隙間なく覆う感じで、coverの意味はもっと広い気がする。そしてcoverの場合には、coverするものとされるものとの間にが何かが介在していてもよいのだが、日本語で単に「覆う」と書いてある場合、どちらの意味かわからないことが多い。

明細書を丁寧に読んでいけばわかる場合もあるが、迷う場合は、coverを使うほうが無難か?

というのが、私の基本的なスタンスだが、念のため違いを調べてみた。

OALDによると
  coat: to cover sth with a layer of a substance
  cover: to place sth over or in front of sth in order to hide or protect it
            to lie or spread over the surface of sth
            to put or spread a layer of liquid, dust, etc. on sb/sth

ということだ。微妙……。

縮緬とお召

お着物の生地の話である。

縮緬もお召も、経糸には撚りのない糸を使い、緯糸に強い撚りをかけた糸を織り込む。しかし、その質感は見た目も手触りも全く違う。私、実は、その違いが何によって生まれるのかを知らなかった。
そんな昨日、西陣の篠屋さん(木村卯兵衛商店)の展示会でこんな解説図を見せてもらって、納得。
20170821_122443.jpg
縮緬は緯糸にセリシンがついた状態で織り、後からセリシンを取り除くのに対し、お召は精練した糸を使うのだ。
お召は、縮緬の一種で「お召縮緬」ともいうのだそうだ。
 
昨日の展示会はお召がたくさん並んでいたが、お勉強だけして帰ってきた。

バルベーラ・ダルバ

イタリア ピエモンテ州の1本。

20170811_192451.jpg 

アルバという地域のバルベーラはD.O.C.ワイン。アルバはバローロやバルバレスコの地域としても知られている。ネッビオーロ種を加えたもののあるそうだ。

今回飲んだのは、Sylla Sebaste シッラ・セバステ社のもの。果実のような香りで、渋みや酸味がやわらかな飲みやすいライトボディー。 http://syllasebaste.com/en/portfolio/barbera-dalba-doc-2/

20170811_192402.jpg 

ワインの夜は例によっておひとり様なので、簡単メニュー。ニンニクとパルメダンチーズをたっぷり入れたリゾット(ちと水が多かった)と、冷蔵庫の中に取り残されていた豚小間をクレージーソルトとニンニクだけで焼いたもの。

2つのパーティー

この週末、2つのパーティーに出席した。
一つは、土曜日に行われた青山きもの学院の、毎年恒例のサマーパーティー。


毎年、華やかなお着物姿が勢ぞろいする。今年の私はこれ。

20170809105802003.jpg 

着物は去年と同じ尾峨佐染繍さんの絽の訪問着。帯はまいづるさん。帯揚げと帯留も去年と同じ。でも、三分紐はしっかり締まるものを新たに購入した。

そして、日曜日は友人の結婚20周年をお祝いするパーティ兼友人のソプラノリサイタル。

このご夫婦とは元の職場からのお付き合い。奥様とは部署が同じだったり、旦那様とは組合活動を一緒にやったり。

10年目のときも招かれて、変わったことをするものだと思ったのだが、それはそれで素敵なパーティーだった。20年目もやるというので、しかも、奥様のソプラノリサイタルも兼ねてということで、とても楽しみにしていた。

何しろ、彼女はここ数年、いつ仕事をしているのか? と思うほど熱心に歌を歌っていた。プロの先生にも相当な指導を受けていた。

20170809105736628.jpg 

始まりは10年前と同じ。外でウェルカムドリンクを頂いてから、室内でパーティーというスタイル。

しかし、ほんとうに期待をはるかに超えて素晴らしかったし、とっても贅沢だった。

20170809105643482.jpg 

「椿姫」の「乾杯の歌」で始まり、彼女の応援隊と称する声楽アンサンブルLa Calorosa Aria によるマドリガーレ、そして最後の退場の時に会場のみながハレルヤ・コーラスを大合唱。感動的だった。彼女は素人だけれど、このリサイタルの協力者の方々は、みなプロの音楽家や声楽家のので、やっぱり聞惚れてしまったというわけである。

30周年はぜひ、オペラを披露してほしいな、などと思ってしまった。

もと職場の仲間といっしょに記念撮影も。 
着物は、和田光正先生のなんじゃもんじゃの絽の付け下げ。帯は前日と同じまいづるさん。帯揚げは薄緑とピンクのぼかしがはいったものに替えたのだが、写真ではわからない。
20170809105612122.jpg 

イスティネ・キャンティ・クラシコ 2012

突然の夕立のせいで、夕飯のお買い物を断念。

冷蔵庫を覗いて思いついたのが、
豚バラ肉とパプリカのオーブン焼きと、
キャベツとアンチョビのパスタと、
それにシーザーズサラダもどき(もどきというのは、残り物の野菜にパルメザンチーズをたっぷりかけて和えただけだから)。

ということは、お供はワイン。

で、これ。イスティネ キャンティ・クラシコ2012.

香りがとてもよい。そして、渋みが甘が柔らかくてなんとなく甘みを感じる優しい味。

20170802140845717.jpg

このワインの詳細は http://www.istine.it/en/wines/istine.html

キャンティ・クラシコはサンジョベーゼ種が80%以上と法律で定めだれているが、このワインは90%以上だそうだ。

2012は、サンジョベーゼのワイン製造の新しいプロジェクトの最初のヴィンテージ。

とても好きな味だが、日本ではなかなか手に入らない。


天平聖武絹と総天蚕糸の訪問着

先週金曜日、月一のおけいこの帰りに覗いたギャラリーで、『天平聖武絹』というのを見た。

正倉院に収められている、聖武天皇の時代の賦役令の調として納らていた赤絁(あかあしぎぬ)を復元する事業に成功した織元 牛田織物さんが、その再現過程で習得した技術を使って織った反物を『天平聖武絹』というらしい。

20170801155847250.jpg 

20170801155906743.jpg

この赤い布が復元した「赤絁」。写真だと正確な色が出ないのだが、実物はもっと深い赤で、穏やかな光沢がある。箱には、復元事業にかかわった方々のお名前が書かれていました。

この絁の復元するために、天平の時代に行われていたとされる生繭から座繰りで引き上げた糸を、自然の方法で精練して、茜で染めたということだ。座繰りの糸のふっくらした感じが色に深みを与えるのだとか。

もっとも、専門家に言わせると、完全には復元したとは言い難いのだそうだ。現在の蚕は、昔に比べるとかなり太い糸を吐く。当時と同じ細さの糸はできないのだそうだ。(そういえば、皇后道子さまが20年間育てた小石丸の糸を使って、正倉院の絹織物が復元されたなどということもあった。)

天平聖武絹は、基本的には色無地のようだ。お茶をなさる方に人気だとか。

そして、これが目を引いた。鳥取県の天蚕繭を使用して織りあげられた総天蚕糸の訪問着。経糸も緯糸もすべて天蚕糸だという。
20170801155814865.jpg 

20170801155805794.jpg 

一番下の写真がその繭。天蚕の繭の色は精錬工程で抜けてしまうと以前どこかで聞いたことがあるのだが、飾られていた着物は、薄緑がかった黄色い繭の色を残しながら、 ちりめん地の柔らかい風合いをしていた。


プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者