fc2ブログ

2月の仕事きもの

ご近所の庭の梅の木にたくさんの花が開いて、そばを通ると、淡い梅の香りが漂う。早春の香りになんとなく気持ちが和む季節になった。

そうして、あっという間に駆け抜けてしまいそうな2月。
某翻訳学校の後期の授業も通信講座も終了して、ようやくの~んびり。いやいや、それは確定申告を終えてから。

さて、そんな2月の仕事きものをまとめて掲載する。

2月1日(木)

20180225101400363.jpg 

久米島紬にろうけつ染めの名古屋帯。
仕事で着物を着るようになって、この帯の魅力にはじめて気づいたのだけれど、この組み合わせもとっても好き。
ほんとうに不思議。買って失敗したな、と4年間思い続けていたのに、今では困ったときにはこの帯が最初に思い浮かぶくらい。

2月8日(木)

20180225101354616.jpg 

結城紬と南風原の花織の名古屋帯。
今年は寒い日が多かったので、この結城紬も出番が多かった。
実はこのきものも、なぜか(ちゃんと仕立てははずなのだけれど)大きすぎてぶかぶかするので、着心地が悪くて好きじゃなかったのだけれど、何度も来ているうちに、結城紬の持つ奥ゆかしい光沢感がたまらなく愛おしく思えるようになっている。

2月24日(土)

20180225101346341.jpg 

本藍染の結城紬にロートン織の名古屋帯。
今のところ、たった1枚の縞の着物。着心地がよくて大好きなきもののひとつ。
藍染だし結城だしなので、お値段は目玉が飛び出るくらいなのだけれど、どこから見てもただの普段着にしか見えない、超自己満足のきものではある。
帯は、色的にあまり出番がないと思い込んでいたのだけれで、この組み合わせが意外といいので、雪の結晶柄の縷紬に合わせていもいいかも…などと、いろいろ合わせてみたい着物が浮かんできたので、活躍の場所が増える予感。

勇気を出して仕事で着物をきるようになってから、冒険のチャンスが増えて、たくさんの新しい発見をしてきた。幸せ。

        

スポンサーサイト



女殺油地獄 by 文楽@国立劇場

2月17日の土曜日、青山華の会の催しで国立劇場の文楽公演を見てきた。
20180220171648099.jpg 


開演前に、豊竹芳穂太夫さんから事前レクチャーがあった。
華の会の魅力は、普段自分では決してチケットをとって観に行かないようなものを、事前レクチャ付きで観賞できるところ。

講師が大夫さんだったので、特に大夫とはどういう人か、どんなことをするのか、どんな衣装で、どんな道具を使うかなどを中心に、文楽とはどういうものかというお話を伺った。

20180220171101786.jpg 

この写真は大夫さんが使う道具。
左から、見台、床本、尻引、オトシ、腹帯。

大夫さんは、床本という脚本のようなものを見台に置いて語る。床本は大夫さん自身が手書きでかくのだそうだが、この文字が独特で普通の人には読めません。

この見台は、芳穂太夫さんご自身のものとのことで、数年前にヤフオクで手に入れたとおっしゃっていた。びっくりぽんだわ。

さて、今回の演目は近松門左衛門の「女殺油地獄」。
2年前に歌舞伎で観た演目だ。そのときは、中村七之助さんがお吉の役で、油まみれのなかで殺されるシーンを演じていたが、今回は人形である。さて、どんな風にあの油まみれのシーンを演じるのかを楽しみにしていた。

いや、見事だった。人形2体を6人が操り、油樽を倒して逃げ回るお吉と、生かしておくものかと追う与兵衛の壮絶でありながら、油に滑ってすってんころりんという少し滑稽でもあるシーンを見事に表現していた。

文楽って面白い!

幕間は、劇場2回の食堂でお食事。お刺身がおいしかった。

20180220171118670.jpg 

そして記録のために、今回のおきものも載せておく。

20180220175847286.jpg 

尾峨佐染繍さんの野蚕糸の訪問着。ポイントは黒のレースの半衿。
このきもの、ほかの帯が思い浮かばないので、いつもこの帯とに組み合わせになってしまう。もう少し冒険が必要だ。

        







tag : 尾峨佐染繍文楽人形浄瑠璃

純米吟醸 しんしろ鬨(かちどき)

名古屋の方からいただいたお酒。

20180216084303199.jpg 

JA愛知東と新城市が主体となっている「酒米の郷づくりプロジェクト事業」の企画商品として去年完成したという「しんしろ 鬨」。新城産米で作ったお酒だそうだ。

名前の由来は、長篠・設楽原の合戦だそうだ。新城市が合戦の場所だったのだとか。赤いラベルに「えい!えい!えい!おー」と書いてある。

17度、辛口。こい~~いお酒だ。
しっかり冷やすととてもおいしい。

        

ワインとというより葡萄ジューズだった

20180213213703425.jpg

最近、日本ワインブームらしい。ちょっと興味はありつつも、どんなのを買ったらいいのか見当がつかない。値段が高いし。

そんななか、ラベルの面白さにつられて買ってしまったのがこれ。
ラベルには、辛口ってかいてあるのよね。
赤ワインは、ふつうは「辛口」とか「甘口」とか、そんな風には言わない(フルボボディーとかミディアムとかライトとかと表現するのだ)のだけれど。
そんな意味でも怪しさがあるのではあった。

や~。びっくりな味でした。
栓を開けた時から、ワインのスパイシーな香りが全然なくて、へ? って思ったのではあった。
ジュースだった。ちょっとアルコールの入った葡萄ジュースだった。
なんだこれ?

あ~、だからひらがなの「わいん」なのだわ。

        


プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者