fc2ブログ

ちょっと京都まで(2) ~京都の味編~

京都でのお食事編

一日目のお昼は「西陣魚新」さん。
安政2年から続く老舗で、天皇の即位の礼にお祝いの料理を御用達したこともある由緒ある料亭ということだ。

20180410132539025.jpg 

お料理は、おそらく西陣弁当 3500円(税抜き)。味は、ふつう。

お料理には特別感はなかったが、敷地内には藤原定家がお茶に使ったとされる名水井戸が残っているなど、諸所に内外歴史が窺える。ちょうどお雛様の季節なので、見事なお雛様がたくさん飾られていた。4月10日までということで、ぎりぎりなタイミング。


20180410132536647.jpg 

そして、こちらは与謝野鉄幹の遠縁にあたるそうで、鉄幹。晶子夫妻が晩年に贈られた歌が飾られていた(残念ながら読めぬ)。

20180410132533972.jpg

味というより、京都の古い歴史の中でのランチを堪能したということだろうか?

一日目の夜は「料亭左阿彌」で宴会。
丸山公園のすぐ近くにある館という感じの料亭だ。川端康成の「古都」や志賀直哉の「暗夜行路」にもこの店の名前が出てくるのだそうだ(どちらも読んだことがあるが、店の名前まではいちいち覚えていない)。ここでの宴会がこのツアーの2番目のお楽しみである。

20180412113354400.jpg 

こんな感じで、舞妓さんの踊りを観たり舞妓さんとおしゃべりしたりと、普段では絶対できないような体験ができるのだ。そして、今回は参加人数も少なかったため、超贅沢にも舞妓さん、芸子さん独り占めショットも。

こうしてみると、私、きものが紬だったこともあり、なんだか置屋の女将に見える。

20180412114104811.jpg 

舞妓さんて京都の方たちばかりかと思ったら、京都出身は1割程度だそうだ。写真前列左の子は、仙台出身。舞妓さんになりたくて、親を説得して中学卒業と同時に京都にやってきたと言っていた。

肝心のお料理は↓。味は、ふつう。
20180412115009293.jpg 

二日目の朝は、ホテルでバイキング。これも省略。
二日目のランチは「南禅寺順正」で湯豆腐ランチ。

20180412120422269.jpg 

鯛のカルパッチョ(?)
ゴマ豆腐
田楽
天ぷら
ごはん

さすがにお豆腐がおいしい。量もたっぷりで大満足だった。

以上、お食事編でした。

        

スポンサーサイト



プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者