fc2ブログ

香を聞く

11月27日は月に一度の文化講義。第5回は「香」。

香道では香は「嗅ぐ」のではなく「聞く」。
「嗅ぐ」という言葉から意識される動物的・生物的な感覚をきらい、また、しっかり心を傾けて香に集中するという意味で「聞く」というのだそうだ。

香には六国と呼ばれる伽羅(きゃら)・羅国(らこく)・真南蛮(まなばん)・真那賀(まなか)・寸門陀羅(すもんだら)・佐曽羅(さそら)6つの大別される。これは香木の種類によって分けられるのでなく、香を基にお香やさんが任意に決めるのだそうだ。同じ木の香りでも、お香やさんによって伽羅だったり羅国だったりするらしい。

聞香(もんこう)はなかなか面白いゲームである。
まず証歌と呼ばれる、その聞香の会のテーマの歌が示される。これは、源氏物語や伊勢物語、万葉集などの和歌集から選ばれる。
そして香組というものに則っていくつかの香りをあてっこするのだが、香りには名前がついていて、その名前にはさらに聞の名目というのがあり、回ってきた香の順番に聞の名目を書き留める。そうすると、順番に書いた答えがひとつの歌になるという何とも趣のあるゲームなのだ。

聞香を通して古典に触れるという楽しみもある。

もう少し余裕のある生活ができたらやってみたいのだが……。文化講義のおかげで、やってみたいことがどんどん増えていく。

さて、この日のコーディネートを。

20181130183755689.jpg 

お友達のお母様の遺品の大島(「5年ぶりに映画を観た」参照)
帯はグレーの紬地の染めに貝紫の螺鈿が施されたもの。帯締めはトモコちゃんに褒められた朱色にしたかったが、ちょっと趣向をかえてピンク。帯揚げもピンク系でおとなしめに。
この大島はなかなかのお気に入り。まなかりさんに感謝。

         


スポンサーサイト



新作能 沖宮

11月18日、国立能楽堂で、今年2月に亡くなった石牟礼道子原作の新作能「沖宮」を鑑賞した。

20181122174105551.jpg 

石牟礼道子と、石牟礼と長く親交のあった紬織の人間国宝志村ふくみとが、次世代に残したい最後のメッセージとして制作したという。志村は衣装を監修した。

2部構成で、第1部は、原作の朗読。女優の竹下景子が読み、ギタリスト村治佳織の演奏が伴う。
第2部で能。シテは金剛龍謹(たつのり)。

島原の乱の後、干ばつに苦しむ村のために、雨乞いの人柱として、亡き天草四郎の乳兄妹あやが選ばれる。舟に乗せられて雨神 竜神のもとへ送られようとしたとき、天草四郎が現れる。あやは四郎に導かれて、海の底の「沖宮」へと旅立つ、というお話。

okinomiya.jpg


あやの衣装が緋色、四郎の衣装が天を思わせる薄縹色。
最後に登場した竜神は藍色の狩衣をまとい、面をつけてシテのよう。
志村の「自然からいただいたい色」が美しい衣装たち。

能装束は唐織だけれど、志村ふくみ監修の衣装は天然の色素を使った色を自然な織で魅せる。志村は能装束の歴史に敬意を表し、ご自身監修の衣装は「能衣裳」としたそうだ。

私のすぐ前の席に、第一部で朗読した竹下景子さん。
そして、美智子皇后もご鑑賞。能楽堂についたとき、やけに警備の人が多いと思ったのは、このためだったのだ。

終演後、お帰りになられる姿を一目見ようと皆が待っていると、しばらくしてお出まし。丁寧に見送る私たちに声を掛け、挨拶をしながら出て行かれた。写真もフラッシュをたかなければ撮っていいと。不遜にも芸能人とは違うんだ~、と思ってしまった。

そして、この日のコーディネートは、佐波理のろうけつ染め訪問着と佐波理のシングルという帯。

20181122174053292.jpg 

         

山梨のブランド肉と熟成古酒の競演

「山梨のブランド肉と熟成古酒の競演」

というイベントが、日本橋のY-wineというレストランであったので行ってみた。

熟成古酒といっても日本のワインにそんな古いのはないのだが。

20181118223442343.jpg 

この6種類のワインに合わせたお料理が6皿。ちょっとコスパの高いイベントだった。以下、ワインとお料理をもう少し詳しく。

20181118224253961.jpg 

最初のワインは、蒼龍 リザーブ甲州 2008(蒼龍葡萄酒)。
ブドウを冷凍濃縮して糖度を上げる製法。オレンジ色のきれいな色。甲州とは思えないしっかりとした複雑な味わい。あの「わいん」の蒼龍がこんなおいしいワインをつくっていたなんてびっくり。

 20181118224258316.jpg

蒼龍 リザーブ甲州に合わせたのは、山梨地鶏の蒸し焼きと野菜のトルティーヤ風生地包み。

20181118224309192.jpg 

2番目は、キスヴィン・アンド・エステート シャルドネ 2011(シャトー酒折)
チームキスビンという醸造用葡萄栽培を専門にしているところのシャルドネをシャトー酒折で醸造したワイン。白桃などのフルーツの香りが印象的。

これに合わせたお料理は、甲州富士桜ポークの煮込み ほうとう仕立て。
ポークがお箸です~っと切れるほど柔らかい。ソースはほうとうをイメージしたカボチャのソース。

20181118224242849.jpg 

20181118224246829.jpg 

3番目は、ソレイユ トピネルージュ 2010(旭洋酒)
甲斐ノワールを主体にメルロー、マスカット・ベリーAをブレンドしてオーク樽で熟成させたワイン。
これに合わせたのは、イノシシバラ肉のインブルティーニ。両脇の黒っぽいのは干しブドウ。イノシシのお肉が全然臭みがなくとってもおいしかった。

20181118224301956.jpg 

4番目は、シャルマン カベルネフラン 1995(江井ヶ嶋酒造)
1~2年タンクで貯蔵したあと、瓶詰めしてビンテージラベルを貼るそうだ。長期間の瓶熟成を意図したワインらしい。
お料理は、アニスの香りがあっぷりの、ビーフのワイン煮込み しくれ煮風。

20181118224305630.jpg 

5番目は、ドメーヌ ルバイヤート2010(丸藤葡萄酒)
この日一番高いワインだそうだ。プティヴェルドー40%、連龍メルロ40%、北畑カベルネ・ソーヴィニヨン20%のブレンド。ここは、山梨にはカベルネやメルローよりもプティヴェルドーのほうが適していると、プティヴェルドーに力を入れているそうだ。やわらかい感じの落ち着いた印象のワインだった。
そして、これに合わせたのはシカ肉のポルペッティーニ。ソースがスパイシー。お肉のしっかりした硬さがいい感じ。

20181118224250070.jpg 

そして最後にデザートとして、ヴィニョ・デ・マルス 1996 (本坊酒造)と、サツマイモのモンブラン ブルーチーズ添え。

お酒はブランデーが入ったデザートワイン。モンブランのほうは、ブルーチーズたっぷりのモンブランがたまらなくおいしくて、どこにでもあるような普通のデザートワインを引き立てている。お料理はどれもおいしかったけど、このモンブランがこの日一番。

なかなか手に入らない貴重なワインを美味しい料理とともにたくさん堪能した楽しい会だった。

最後に、この日のコーディネート。

20181118224325096.jpg 

最近仕立てた大島。ちょっとマイブームになりそうな予感。
帯は、紬地の染め。お太鼓に螺鈿。

         

眠っていた大島を仕立てた

4年程前に、欲しくもないのに買ってしまった、当時の私としてはすっごく高いと思った泥染めの大島紬。

欲しくもなかったので、反物だけ売ってしまおうと思ったのだが、「泥染めは人気がないので、安くしか買ってあげられない。でもいいものだから、もったいない。ご自分で仕立ててきた方がいい」と業者の方から諭されたこともあったっけ。そんなわけで、仕立てもせずにタンスの肥やしにしていたのだが、この夏、きものおたすけくらぶさんが超お得なお仕立てキャンペーンをやっていたので、仕立てをお願いしてみた。

この仕立てキャンペーンは海外仕立てに適用されるもの。きものおたすけくらぶさんご自慢の海外の仕立てがどのくらいのレベルなのかも興味があり、5月に「きもの寸法相談会」で仕立て屋ツキヒコの彦根由美さんに出してもらったマイ寸法でお願いした。いろいろこだわり寸法で、抱き幅はできないという仕立て屋さんもある。私が世話をしている(笑)呉服屋では無理だって(仕立て代、すっごく高いくせに)。

それが、つい最近出来上がってきた。

20181112150033941.jpg

因みに、寸法は指定の通り。きれいに仕上がっていた。あの値段でこの品質!!って、ちょっと感激。胸元もすっきり。これからはお仕立ては、きものおたすけくらぶさんだわ~。

仕立てがいいからか、このきもの自体も素敵な気がしてきた。4年前とは相当嗜好も変化してきているので、こういう着物も最近は結構好き。いやいや、これはなかなかいいかもしれない。

        

ブラックオリンピア

雲海酒造といえば焼酎のメーカーだとばかり思っていたらワインも作っていた。
しかし、これはワインなのか?
梅酒を水で薄めたような酒だった。

綾ワイン ブラックオリンピア
20181104151225109.jpg

宮崎県綾町産ブラックオリンピア100%って……。食用のブドウで作ったのか?
日本ワインといえば何でも売れると思っているのか?

         

5年ぶりに映画を観た

今週、映画を2本観た。実に5年ぶり。ハ・ジョンウ主演の『ラブフィクション』以来だと思う。
そんなわけで、映画館浦島太郎状態だった。新宿ピカデリーなんて立派なビルになってるし、チケットの買い方も違うし……。

-----

さて、一本目は水曜日に講師のお仕事が終わった後に『日日是好日』@新宿ピカデリー。
そして今日、11月2日は『ウスケボーイズ』@新宿武蔵野館

『日日是好日』は森下典子の『日日是好日「お茶」が教えてくれた15の幸せ』という本をそのまんま映画にした作品。 


還暦を目前にした今の私には妙に共感できるところが多かった。若いころには理解できなかったのに今は愛おしく思えることがたくさんあるもの。
黒木華さんは華さんらしい自然な役どころ。好きだな、彼女。樹木希林さんは、演技なのかもしれないけれど、なんだか苦しそうだった。これが遺作になるのかな?

『ウスケボーイズ』は以前、ここでも紹介したことがある。(こちら → http://araremiemama.blog.fc2.com/blog-entry-267.html

ボー・ペイサージュの岡本英史、Kidoワイナリーの城戸亜紀人、小布施ワイナリーの曽我彰彦の物語なのだけれど、映画では名前が変わっていた。

主演の渡辺大が岡本秀史という名だったけれど岡本さんの役。原作は、3人が国産ワインづくりに苦労して成功していく姿を、ドキュメンタリーなのだけれどドラマチックに描いていたが、映画の方は麻井宇介の思想を受け継ごうとするなかでの苦悩がテーマ。「教科書を捨てなさい」という宇介さんの言葉に悩む。

ブドウづくりにどんなに苦労したかなんてことは意外にもあっさり。でも、そんな描き方、私は好きだな。

ワインがグラスに注がれる画と音がたまらなく美味しそうだったので、帰りにどこかで飲んでいきたくなったけれど、中村屋のあたりに来たら、インドカリーが食べたくなったので、ビールとカレーになってしまった。中村屋もすっかり変わっていた。

考えてみれば、ここ数年、東口のほうを歩いていなかった。新宿は仕事も遊びもだいたい西口方面だったので、ここでも浦島太郎となっていたのだった。

そうそう、トモコちゃん、福岡でも12月公開だそうですよ

最後に、お出かけコーディネートを記録のために。
10/31(水)はお仕事きもの
20181102183045361.jpg 
リサイクルの紬
寺島利男の染め帯
クリーム色ちりめん帯揚げ
道明の帯締め

11/2(金)ただただ映画鑑賞のために
20181102183027673.jpg 
今ではほとんど織られない一元式9マルキ(たぶん)の大島(お友達のお母様の遺品)
7代目永治屋清左衛門の経錦の袋帯
瓶覗(?)ちりめん帯揚げ
朱色のおまけで頂いた帯締め

         


プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者