fc2ブログ

映画「主戦場」を観てきた。

旧日本軍の従軍慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー映画「主戦場」を観てきた。金曜日の16:00に100席ほどの劇場は満席だった。

監督は日系米国人2世のミキ・デザキ。韓国人元慰安婦の証言に疑問を呈する保守言論人(いわゆるネトウヨと呼ばれる人たちが支持している人たち)と、元慰安婦を支援してきた人たちや歴史研究者・学者らが、それぞれデザキ氏の疑問に答えていくのだが、その映像は、決して同じテーブルについて議論することはないだろう彼らが、あたかも議論を戦わせているかのように、主張が交互に対置される。

デザギ氏の疑問は
慰安婦の数は本当に20万人もいたのか
強制連行はあったのか
聖堂令というが、彼女たちは奴隷状態だったのか
そして、慰安婦問題を否定したい人たちの本当の狙いとは、など。

歴史修正主義者や否定論者は重箱の隅をつついて、慰安婦だった女性たちが、自分の意思で商売として売春婦になったのであって、日本軍の関わりなどないと言いたいようだが、日本軍の主導で慰安婦が集めれ兵士の相手をさせられていということは、さまざまな記録から事実であると言えそうだ。

支援者たちは慰安婦問題を人権問題としてとらえ、歴史修正主義者は日本と韓国の国家問題としてとらえているようだ。

日本会議の加藤英明は、この問題について尊敬する歴史家はだれかとの問いに、自分以外にはいないと答える。吉見義明氏をどう思うかと問われると、吉見をしらないようだった。この問題について他の人の書いたものは読まないと胸を張る。

杉田水脈は、朝鮮や中国の人たちは平気でうそをつく民族だ、騙す側より騙される側がのほうが悪いという教育を受けているのだと、にやにやしながら答える。(その直後に、騙す方が悪いに決まっているとインタビューに答える韓国の若者が何人も映るのだが)

人の著述を読みもせずに、自分の主張が思い込みだとは思わないのだろうか。日本人は正直で特別な民族なのだといえる根拠は何なのだろうか。

映画の冒頭に2015年の日韓合意直後に、元慰安婦の女性が韓国政府の要人に詰めよるシーンが映し出される。

なぜ、私たちに(合意の内容を)知らせずに、私たちの意見も聞かずに、勝手に合意してしまうのか、当事者は自分たちなのに、当事者である自分たちを無視して国家間で勝手に決め手しまうのだ、と。

その激しい怒りがひどく印象に残った。

最後に、この日の装い。
20190426_085048.jpg 
雨だったので、シルック着物にぜんまい紬の染帯。
道明の高麗組の帯締め
ベージュベースのちりめん帯揚げ

      





スポンサーサイト



唐織も怖くない!

先日、ほつれ補修針というものの存在を知った。飛び出した糸のほつれを簡単に補修できるという。これ、もしかして唐織のほつれにもいいかもしれないと思い、試しに買ってみた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

手芸 手芸用品 ほつれ補修針セット Clover| つくる楽しみ
価格:486円(税込、送料別) (2019/4/24時点)


唐織って豪華で素敵だけれど、糸がひっかかってすぐにほつれてしまうのが難点。ひっかかってしまうのが怖くて、着装するときは手袋をしたりするのだけれど、そうすると上手に着つけられなかったりして、自然と着る機会も減ってしまう。でも、この針があれば自分ですぐに直せるかもと期待したのだ。

そして、ついにその威力を試すときがやってきたのだった。

昨日、永治屋清左衛門の展示もあるという、きものsalonの「春の宴」というイベントに行った際のこと。

20190424115157698.jpg 
画像:中央7代目永治屋清左衛門こと永井幸三郎氏

7代目清左衛門さんもいらっしゃるというので、清左衛門の唐織の訪問着でさっそうと出かけたのだが、やってしまった。あっちこっち糸が飛び出てるではないか。

20190424110823328.jpg 

20190424110819502.jpg 

そして、早速ほつれ補修針で補修。

20190424110814824.jpg

20190424110817070.jpg 

お見事!!

針の使い方は簡単。表に飛び出した糸の根元に針を刺し、裏側に引き抜くだけ。これなら唐織、怖くないぞ!  

      

tag : 永治屋清左衛門

同じ着物と帯で

20190420142652801.jpg

同じ着物と帯の組み合わせで、帯締めと帯揚げを変えてみた。(実は半衿も違うけど、写真ではわからないかも。)

左は、びじっと締まった感じ。右は涼し気。どっちも好きだわ。💛

      

1本のワインを4種類のグラスで飲んでみた

Vino Hayashi というところがやっているイタリアワインの通信講座という名の、ワインの定期購入みたいなものがある。毎月2本のワインとを届けてくれるというので、受講してみることにした。

その第1回のワインが届いた。初回はトレンティーノ=アルト・アディジェ州の白赤各1本。ワイングラス4個のおまけつき(いや、受講料に含まれているはず)。

同じワインでも、グラスの形や大きさが変わるだけで味わいが違ってくるのだというのだ。

20190419173942554.jpg

今回試したのは、スキアーヴァ ソンタレール 2017 DOCアルト・アディジェ 2017、北イタリアのワインである。

DOCアルト・アディジェのワインは、85%以上使用した品種をラベルに表示できるのだそうだ。ソンタレールはスキアーヴァ100%のワインだ。

写真の通り、澄んだ淡いルビー色 。赤系のベリーやバラの香りが心地よい。味は、酸味も渋みもミネラルもほどほどでバランスがいいと思う、というのは、最初のバルーン型グラスで飲んだ印象。

大き目のボルドー型も香りが華やかで、これもよかった。

3番目は、小さいチューリップ型。これは、香りがごでゃっとした感じ。うまく言い表せない。そして、ミネラル感が伝わってくるきがした。これはソーヴィニヨンブランみたいなすっきり系のワイン向きかも。

一番大きなブルゴーニュ型は、最初のバルーン型で感じた華やかさが薄まって、味もぼやけた感じになってしまった。このグラスはきっと、かなりしっかりとした上等のワイン向きなのだと思う。我が家には必要ないかも……。

とにかく、ワインにはそれに適したグラスがあるということを知った。

さて、そんなお勉強はそこそこに、あとは、オリーブオイルとニンニクをたっぷり入れて色もイタリア風にしてみたとはいえ、ただの肉野菜炒めとともに、バルーン型グラスでぐびぐびと一人飲みの、ある日の夜のお話であった。

20190419174007098.jpg 

      

久留米絣

20190418103842995.jpg

去年メルカリで7800円で手に入れた久留米絣の反物を仕立てておいた。ちょっと生地が薄目だったので、暖かくなるまで待っていて、ようやく今日、袖を通した。

着物を着るのにちょうど心地よい季節だわ~。今日は一日これ。

      

平等院で宇治茶を味わう

京都の旅からずいぶん時間がたってしまったが、これだけは書き留めておきたいと思っていたのが、お茶の話。

今年は京都市内から宇治市まで足を延ばし、平等院へ。

20190416124154948.jpg 

南門を入ってすぐのところに「茶房 藤花」という宇治茶を飲めるお店がある。一通り院内を見て回った後、ここで一服の休憩。そして、お茶ってこんなに甘くておいしいのかと感動するほどのお煎茶をいただいた。

 20190410003259967.jpg

説明の通りに茶葉を急須に入れる。茶葉はピンと張っていて濃い緑色が輝いていた。冷ましたお湯を注ぎ、砂時計を返して1分まつと、それはそれは甘い、まろやかなお味。そしてそのあと来る渋みがさわやかに感じて、これはかなりの感動と驚きだった。お湯の温度は60℃くらいだろうか、かなりぬるめではある。

 20190416001.jpg

一煎めの衝撃と感動のあと、三煎までいただいた。幸せなひと時だった。

正しく入れればお茶はもっとおいしく飲めるのだと思い、タイマー片手に家でも同じように淹れてみたのだが、普段飲んでいる程度のお茶では、あまり甘みが出ないし、渋みも物足りなく物足りない。ぼやけたお茶になってしまった。

お茶にはやっぱり適温があることを知る。

そして、またあの味を感じたくなって、調べてみたらば、平等院のオンラインストアで購入できることがわかり、思わず、ポチっとしたのだった。50g 1,200円也。

      

斬新すぎて私には無理

宮崎緑さんの斬新な着物姿がちょっと話題になっているが、私もかなり大胆な提案を受けた。

というのは、ここ数年、毎年4月に訪れる着物の展示会での話。X JAPANのYOSHIKIがプロディースするYoshikimonoを手掛けるスコープ・ココの南雲氏からの提案だった。

その日、私はこんな装いで展示会に出かけた。
20190407150947220.jpg 

着物はスコープ・ココのYoshikimonoならぬNishikimono。柄も織で出している西陣お召である。
そんな私を見て、嬉しそうに1本の帯を持ってきて「着けてみてくれ」と、南雲さん。「着物をドレス風に着る」のだとか。着物と全く同じ織と柄の帯。色のトーンが若干違うのみ。

ポイントに黒のレース地を挟んで、後ろは変わり結び。

20190407150854219.jpg 

20190407150852190.jpg 

最初、帯を見たときはびっくり。でも、意外にイケてる。とはいえ、ファッションリーダーの芸能人でもない限り無理だわ~。着物愛好家は大概 conservative なのだ。私もかなり。

      

令和

音の響きはきれいだけれど、漢字を見るとなんだかぞっとする。

初めて和書からとったのだと、世間では殊更強調して、政治ショーを演出している。

「万葉集」巻5(815番歌)の詞書「初春令月、気淑風和」からとったのというけれど、この詞書は、後漢の学者 張衡(78-139)による「歸田賦」の「於是仲春令月、時和氣清、原隰鬱茂、百草滋榮」(是に於いて 仲春の令月 時は和し気は清む 原隰し鬱茂し 百草 滋栄す)からきているのだそうだ。宦官による政治腐敗に耐えきれなくなって帰郷した時の詩だというから、何とも皮肉は話だ。

そもそも元号そのものが、中国の、皇帝が時をも支配するという思想から始まったものなのだし、漢字を使っている限り漢籍からは逃れられない。ルーツを日本に求めるなんてナンセンス。伝統、伝統と騒ぐなら、そこだけ変えるなって話だ。

ま、元号が何であろうと、庶民の私にはほとんど影響がない。どうしても元号が必要になった場合、新元号は西暦から令和(018)を引くと計算が簡単だと、誰かがつぶやいていたっけ。

      
プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者