fc2ブログ

森伊蔵


森伊蔵をいただきました。

すっきりドライだけど、芋ですね~。

今日はロックで飲んでます。

     

スポンサーサイト



能楽入門2と国立能楽堂ショーケース

能楽入門の第2回は「能舞台に立つ」。

舞台の構造の解説を聞いた後、国立能楽堂の研修用舞台に立ち、屋根のある舞台での音響効果を実際に感じたり、すり足で歩いてみたり、能面をかぶって、そこからの見え方を体験したりした。

舞台の中で聴く謡はよく響いた。謡ってくださったのは、観世流シテ方川口晃平さん。一人なのに。本番では、鼓や笛のお囃子とともに何人もで謡うのだから、かなりな大音響に違いないと、屋根の存在の意義を実感した。

そんな体験をした翌々日は、国立能楽堂ショーケースの狂言「伯母ヶ酒」、能「小鍛冶」を鑑賞した。

20190728164228985.jpg
開演前の様子。橋掛かりの3本の松を撮りたくて。

ショーケースは、国立能楽堂が、初心者にも能や狂言を気軽に楽しんでもらえるようにと、コンパクトにまとめて解説付きで開催している公演である。

観阿弥、世阿弥が現在の能の型を作ったとされるが、その型というものが分かってくると、なかなか面白いものだ。世阿弥は、人は有限だけれど、能は果てることがないようにと、型を作ったのだそうだ。

一過性の流行で終わってしまうものとそうでないもの。現代につながっている伝統芸能のには型がある。茶道の作法も「型」なのだろう。

話は少し飛ぶが、政府が進める事業に「クールジャパン」というのがある。それを管轄するクールジャパン機構が、今何かと話題の吉本興業がかかわる事業に多額の出資を繰り返してきたという。クールジャパン機構の純損失は2018年度81億円。累積赤字178億円。その損失を埋めるように、政府の出資額は586億円から721億円へと積み増ししている。自分で自分のことをcool という何ともnarcissisticな政策だということはさておいて、お笑いという海外ではあまり知られていない日本の大衆芸能に限りのある原資が相当に投入されているらしい。

さて、それぞれの日の装い。
能楽入門の日

20190729115237419.jpg

麻(たぶん)の着物にユリの刺繍の夏名古屋

ショーケースの日
20190728171729856.jpg

夜から雨の予報だったので、濡れてもいいように小千谷縮にすくいの八寸を銀座結びにして。雨に当たってよれよれになってしまった。

         

シャトー・メルシャン「アイコンシリーズ」全6種を

先週の土曜日、椿山荘「料亭 錦水」で、シャトー・メルシャンの最高レンジ「アイコンシリーズ」全6種と「錦水」のお料理とともに堪能してきた。
20190725232206061.jpg

9月にオープン予定の椀子ワイナリーと、既にそれぞれ素晴らしいワインを生み出している桔梗ヶ原ワイナリー、勝野ワイナリーの、3ワイナリー長のお話を伺いながら、トリロジー、リヴァリス、オルトゥス、シグナチャーのアイコンワインを一度にいただけるという、特別なイベントだった。

20190725232012825.jpg

左から、桔梗ヶ原ワイナリー 勝野ワイナリー長
勝沼ワイナリー田村ワイナリー長
椀子ワイナリ―小林ワイナリー長

頂いたワインは
06.jpg

ウェルカムドリンクとして、桔梗ヶ原メルロー ロゼ 2017
乾杯に、日本のあわ トラディショナル・メソッド トリロジー 2014
お料理とともに、最初は北信左岸シャルドネ リヴァリス 2017と北信右岸シャルドネ リヴァリス 2017
20190725232132435.jpg

後から、城の平 オルトゥス 2013、桔梗ヶ原メルロー シグナチャー 2014、椀子 オムニス 2015
20190725235957774.jpg

おまけで、椀子 ソーヴィニヨン・ブランと城の平 甲州。

日本のあわ トラディショナル・メソッド トリロジーは、椀子ヴィンヤードのシャルドネとピノ・ノワール、長野北信地区のピノ・ノワールを使ったスパークリング。酸味とシャルドネ由来の独特の香りが印象的。3カ所のブドウを使っているから「トリロジー」なのだそうだ。

北信左岸シャルドネと北信右岸シャルドネは、土壌の違いというよりも、標高の違いが随分と味に影響しているというお話を伺った。

左岸は標高330~360m、右岸は430~600mで、左岸よりかなり高いところにあるため、気温も低いので、柑橘系の香りとミネラル感がある。左岸はトロピカルとまではいかないけど、右岸に比べると穏やかでバランスがいい感じ。私は右岸が好み。でも、お料理といっしょなら左岸ほうがおいしく感じるかもしれない。

この日、一緒にいただいたお料理はこちら↓
20190725235030804.jpg

20190725235033269.jpg

ここまでは、しっかり覚えているのだが、すでに、おかわりもしてかなりいい気分な私。次の赤3種類も、確かに香りも味も確かめながらいただいたのだが、記憶が……。

20190725233341280.jpg

20190726000400759.jpg

どれもうまかった、としか書けない自分が情けない。ただ一つ、城の平のオルトゥスのタンニンはインパクトがあったことだけは覚えている。

なかなか手に入らない貴重なワインを、おいしいお料理とワイナリー長さんたちのトークとともに堪能させてもらった特別な休日の午後だった。

さて、この日の装いは、と行きたいところだが、写真を撮るのを忘れてしまったのだった。

      

印象操作

彼は「連立与党で71議席、改選議席の過半数を大きく上回る議席を頂きました」と誇り、報道は「与党が過半数を超えた」と、いかにも勝利したように伝える。

しかし実際には、改選前の77議席を大幅に下回った。しかも、自民党は、改選前は67議席を10も減らし、参院での単独過半数を失った。さらに、改憲勢力2/3をも下回った。

なのに、「改憲の議論するのは国会議員の責任だ。議論は行うべきである。これが国民の審判だ」と、たわごとを言う。

黒も白と言い続けていると、白くなる気がしてくる。
負けても、勝った勝ったといっていると、周りはそうなんだという気がしてくる。

彼の大嫌いな印象操作というやつだが、彼はこれが得意でもある。そんな彼をメディアがのさばらせている。

      

トゥーランドット@新国立劇場 なんという結末

20190722182455219.jpg

新国立劇場2018-19シーズン最後の演目『トゥーランドット』を観てきた。

指揮:大野和士
演出:アレックス・オリエ
美術:アルフォンス・フローレス
衣裳:リュック・カステーイス
照明:ウルス・シェーネバウム
演出補:スサナ・ゴメス
舞台監督:菅原多敢弘

キャスト
トゥーランドット:イレーネ・テオリン
カラフ:テオドール・イリンカイ
リュー:中村恵理
ティムール:リッカルド・ザネッラート
アルトゥム皇帝:持木 弘
ピン:桝 貴志
パン:与儀 巧
ポン:村上敏明
官吏:豊嶋祐壹

結末に会場が一瞬、えっ? とあっけにとられた感じで、拍手までに少し間ができたように思った。フィデリオに続いてびっくりぽんではあったが、合唱が素晴らしくて、劇場いっぱいに響き渡るどっしりとした歌声に圧倒されもし、感動もした。ちなみに、合唱は新国立劇場合唱団と藤原歌劇団合唱部。

そして、なんといってもリュー役の中村恵理の歌声が素晴らしかった。叶わぬ恋の悲しみを歌う声が、まるでバイオリンの音色のようで、聞惚れてしまった。カーテンコールでブラボーの声も拍手も、彼女が一番大きかったように思う。

さて、この日の装い

20190722182457373.jpg

小糸染芸の紋紗に、栗山吉三郎の麻の京紅型帯。
帯締めは赤と紺の細めのかんくみ冠組。
帯揚げはグレー地に紺色の柄の絽。

      

each を使ってはいけない

某クライアントが最近、そう指示してきている。最初は、え~っ?! そんなの無理、と思っていた。

ところが、いやいや、これは意外に重要なことかもしれないと気付いた。

現在進行中のそこの案件は、以前は「各○○素子は、××を備えている」と書いていたようた箇所に、「任意の1個の 〇〇素子は、××を備えている」なんていう表現を使っているのだ。

"Each of the ** elements has an xx"  と ”Any one of the ** elements has ~ ”では、随分意味も違うのだが、わざわざ「 任意の1個の ~」とするには何かわけがあるのだろう。

私としてはちょっと、気持ちがわるいのだけれど、どれか一つが当該の構成をしていればいいという解釈なのだろう。全部の素子が××を持っているとは限らない、そういう可能性を考慮に入れていということだろう。

each を使って権利範囲を狭くしちゃった苦い経験があるのかもしれない。

そんなわけで、「任意の1個」じゃなく「全部」なんだけど……、と心で叫びながら ”any one of” を使う今日この頃である。

      

半巾帯を楽しむ

夏になると、半巾帯をいろいろアレンジして楽しみたくなる。背中に帯枕を当てない分、涼しく感じるから。

浴衣のシーズンでもあり、需要も多くなるというわけで、先月の着付け教室のゼミのテーマは半巾帯。

基本の貝の口や矢の字をおさらいした後、片ばさみのアレンジに挑戦した。

20190713155432641.jpg

硬めの帯できりりと結んだ女性用片ばさみ(若干アレンジ)。

20190714120239655.jpg

こんな風に裏を出したり

20190714120348755.jpg

帯が長い場合は、長さを生かしてアレンジしたり……。

そんなゼミで学んだことを生かして、昨日の踊りのお稽古へは、柔らかい帯を使ってかわいい片ばさみを締めて出かけた。

20190713155343132.jpg

すぐ上の結び方とほぼ同じなのだけれど、生地質によって印象が全く変わるのが面白い。

しかし、半巾帯も侮ってはいけない。いつの間にか自己流の結び方になっていて、基本をすっかり忘れていてた。基本に立ち返ると、形が決まらなかった矢の字がきっちりバランスよくなった。

      

「三越 きものゴコロ。」見てみて~

先月の初めに日本橋三越で「一色采子さんの×きものsalon編集長トークイベント」があったという話は、以前にここでも書いたが、その時の様子が「三越きものゴコロ。」というサイトに掲載された。


自分のを一枚だけ拝借。
7219.jpg

帯がしわしわだわ。そこだけ残念。その日急遽、裏を使ってみようと思い立ったのでね。

      

能楽を基礎から学んでみることにした

kissぽーと財団という港区の団体が主催する「能楽入門~能楽鑑賞の達人になろう!~」という講座に応募したところ、港区民でもないのに(でも、職場(?)は港区)2倍強の競争率を見事突破し当選してしまった。

20190708210900572.jpg

何しろ、能楽の第一線で活躍する方々が講師をしてくれるのに、全7回でたった9000円という破格の受講料。能「葛城」を題材に様々な角度から能楽鑑賞に役立つ基本的な知識を学び、最後は実際に、国立能楽堂で「葛城」を鑑賞する。

12月まで計7回の講座を休まずに受講し、見巧者として最後の「葛城」を楽しみたい。

そんな講座の第1回が先週行われ、能の基本のきを頭に詰め込んだ。講師は伝統文化ジャーナリストの氷川まりこ先生。青山きもの学院の文化講義でもお世話になっている方。文化講義ではちょうど「能」の回を休んでしまったので、そのとき聞けなかったお話も伺えたような気がする。

能は物語を楽しむのもではないことだけは、確かなようだ。

次回は、「能舞台に立つ」というテーマで、国立能楽堂の能舞台に立ってみる予定。舞台は一度、立たせてもらったことがあるけれど、今度はどんな心の景色が見えるだろうか? 講師は観世流シテ方の川口晃平氏。

20190709162938342.jpg
2017年2月の国立能楽堂にて

さて、その日の装い。
雨だったのでシルックに、栗山吉三郎の京紅型の名古屋帯。
帯締めと帯揚げの組み合わせが妙に気に入ってしまったわ。

20190704222810544.jpg

      

大野和士のオペラ玉手箱Vol.2「トゥーランドット」

新国立劇場オペラ芸術監督 大野和士のオペラ玉手箱の第2回目が、6月29日に開かれた。去年の「魔王」の回以降、今度はいつ? と思っていたところだった。

すでに、YouTubeでその様子が公開されているので、詳しく書かないけれど、カラフ役で出演したテノールの工藤和真さん、まだ若いけれど、将来のスターかもよ。アンコールで歌った「誰も寝てはいけない」がよかった。



本番の「トゥーランドット」は、7/12東京文化会館を皮切りに、新国立劇場、びわ湖ホール、札幌文化芸術劇場という順番に上演される。

先月は「蝶々夫人」、今月は「トゥーランドット」とプッチーニが続く。

そしてこの日の装い。

20190707171949523.jpg

夏大島(西山和恆貝紫の刺繍がほんのちょこっと)
上村陽道の紙布袋帯
薄紫の紗の帯揚げ
琉球ガラスの帯留め

長襦袢は衿秀の「き楽っく」。ポリエステルの絽の袖が肌にへばりついて着心地の悪いこと。もう着なくなった正絹長襦袢の袖を外して、「き楽っく」用に加工しようと思う。

      

tag : オペラ西山和恆貝紫

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者