fc2ブログ

おいし・たのしのワイン会

9月19日、代々木上原にあるLe Beaucoup(ル ボーク―プ)というレストランで、「ル ボークープ&三幸蓮見商店 ブルゴーニュの宴」というワイン会があった。あれからあっという間に時間がたってしまった。忘れてしまう前に、メモをなくしてしまう前に、記録にとどめておかねば……。


このレストランは、中学時代の友人とのミニ同窓会で2回ほど訪れたことがある。素材にこだわったおいしいお店。ワインの品ぞろえも豊富。


そんなレストランが、三幸蓮見商店というフランスワインの輸入販売を手掛ける会社のオーナー 蓮見孝子さんを招いて、ちっちゃなワイン会を催したというわけだ。蓮見さんにはこの日、初めてお目にかかった。経験豊富だから、お話がとても面白い。フランスの代々続くぶどう生産者の誇りとか、恋愛なんてできない、同じ格の畑を持つ農家と結婚するんだとかいう相続にまつわる苦悩とか、なかなか興味深かった。


69208749_2411972708883869_3276458309044928512_n.jpg

いただいたワインたち。左から順番にお料理に合わせていただいた。


20190923172414525.jpg

最初はアミューズ。シャンパーニュは、ブリュット・グラン・リゼルヴ(ダニエル・デュモン) 2016。ピノ・ノワール40%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ20%。

20190923172416871.jpg

オードブルは、キノコと毛ガニ、和梨のブランマンジェ。アリゴテ(フランソワ・ゲ)。V.V と書かれていたので古樹からとって葡萄のワインだ。アリゴテって初めて飲んだが、非常にフレッシュな印象だけれど、 ミネラル感たっぷり。

20190923172419037.jpg

オマールえびとマツタケを使ったお料理には、プイィ・フイッセ シュル・ラ・ロッシュ(ミッシェル・ドゥロルム)2014。古樹のシャルドネ。口あたりがまろやか、酸味がしっかり。ミネラルもたっぷりで、シャルドネっぽくない感じがした。

20190923172421492.jpg

ホタテのすり身を蒸したものの中にウニとすっぽんが入っているお料理。すり身がぼそっとしていて、少し残念から。合わせたワインは、モンタニー・プルミエ・クリュ(ジャン・マーク・ヴァンサン) 2014。さすが、1級畑のシャルドネはうまい。口の中にいつまでも残る余韻がたまらない。

20190923172424043.jpg

メインディッシュはフランス シストロン産子羊。そしてワインはピノノワール。ボーヌ・プルミエ・クリュ  レ・シュワショ(シャンタル・レスキュール)2013。香りも果実味もたっぷりでグラマー。なめらかなタンニンの余韻がたまらない。

20190923172426095.jpg

デザートは和栗のモンブラン。これはデザートワインではなく、苦いコーヒーで。

幸せなひと時だった。ごちそうさまでした。

20190923172428548.jpg

おまけ。この日の装い。着物・帯ともスコープココ。

      
スポンサーサイト



色再現範囲

2日ほど風邪で寝込んでしまった。その間、ほとんど炭酸水だけしか摂っていなかった。そうしたら、私の舌はとても繊細で敏感なものに変わっていた。何を口にしても味が濃く感じるのだ。このまま、薄味でいいのだが……

さて、現在は復活して、明日納期の案件のラストスパート中。

この案件に出てくる「色再現範囲」という言葉がどうもぴんと来ない。
ネットで検索すると英訳、"color reproduction range"ってのがでてくる。が、私は range が気に入らない。意味が分からない。

再現色再現範囲とは元の色を忠実に再現できる範囲のことらしい。だったらその「範囲」は色域のことだ。なら gamut のほうがすっきるする。

Google Scholar で"color reproduction range" を調べてみると、3000件ほどあるのだが著者はほとんど日本人。しかも特許関連がほとんどだ。一方"color reproduction gamut"は160件ほどと少な目だが、いろんな国の人が使っている。「色再現範囲」も"color reproduction range"も日本発の言葉なのたろう。

ネット上の辞書に安易に飛びついてはいけない、というのが今日の結論。

      

ヴァルポリチェッラ クラシッコ

イタリアは本当にぶどうの種類が豊富だ。今回飲んだワインは、コルヴィーナ50%、コルヴィノーネ40%、ロンディネッラ5%、モリナーラ5% という、ヴェネト州のワイン。どれも聞いたことがぶないどう品種だ。

20190902181400820.jpg

ヴァルポリチェッラ クラシッコ(Valpolicella DOC Classico) 2016。生産者はセコンド・マルコ。

バレリーナがエレガントに舞うエチケットがおしゃれ。

色は明るいルビー。クランベリー(?)のようなちょっと甘い香りのあと、スパイス香がしっかり。さわやかな酸味の後に感じるなめらかなタンニンも心地いい。軽く感じるのだけれど、いやいや侮れない秀逸なワインであった。

夏野菜のトマト煮と、シンブルにバターで焼いただけのミートボールでいただいた。

      
プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者