fc2ブログ

色再現範囲

2日ほど風邪で寝込んでしまった。その間、ほとんど炭酸水だけしか摂っていなかった。そうしたら、私の舌はとても繊細で敏感なものに変わっていた。何を口にしても味が濃く感じるのだ。このまま、薄味でいいのだが……

さて、現在は復活して、明日納期の案件のラストスパート中。

この案件に出てくる「色再現範囲」という言葉がどうもぴんと来ない。
ネットで検索すると英訳、"color reproduction range"ってのがでてくる。が、私は range が気に入らない。意味が分からない。

再現色再現範囲とは元の色を忠実に再現できる範囲のことらしい。だったらその「範囲」は色域のことだ。なら gamut のほうがすっきるする。

Google Scholar で"color reproduction range" を調べてみると、3000件ほどあるのだが著者はほとんど日本人。しかも特許関連がほとんどだ。一方"color reproduction gamut"は160件ほどと少な目だが、いろんな国の人が使っている。「色再現範囲」も"color reproduction range"も日本発の言葉なのたろう。

ネット上の辞書に安易に飛びついてはいけない、というのが今日の結論。

      
スポンサーサイト



プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者