fc2ブログ

古都の美味いものめぐり

篠屋さん見学の合間のお楽しみは、お料理。
1日目、京都についてすぐにランチをしたのは、仁和寺門前の「左近

20200921_115208.jpg

お2階の窓から仁王門がよく見えます。

京料理とフランス料理の融合と調和を味わうというコンセプトらしい。なかなかユニークなお店だ。おまかせコースをいただいた。

share_temporary(1).jpg

share_temporary.jpg

先付は、鰆のみそ幽庵焼き、近江牛のローストビーフなど
パンプキンポタージュはお椀で
天然鯛、本鮪、しまあじのお造り
鯛ポワレ アンチョビバターソース
鱧と秋茄子の煮物 松茸餡かけ
天然鯛昆布〆寿司に赤だし
デザートは、マンゴープリンと抹茶わらび餅

どれもおいしくいただきました。鱧が食べられて京都に来たわ~って実感。
マンゴープリンなんておいしいと思ったことなかったけれど、ここのは絶品。味が穏やかで、とっても柔らか、ふんわり触感。わらび餅がこれまた絶品中の絶品。口の中でとろけるような触感が忘れられない。テイクアウトもあるそうだが、その日のうちに食べないといけないので、お土産にはできなかった。

1日目の夜は、しょうざんリゾートの渓涼床にて。

line_750040371571953.jpg

しょうざんリゾートというのは、生紬のしょうざんが経営している宴会・結婚式場のような施設。この商売が好調で、最近は本業の染織はおまけみたいなのだそうだ。渓涼床は、日本庭園のなかを流れる川の上に張り出した、夏限定の宴会場といった感じ。9月30日までの営業だそうだ。

お料理は、先付けからはじまり蒸し物、お造り、中皿、焼き物、揚げ物、鍋物、ごはん、水物と、ちょっと贅沢な宴会コース。

line_750041343228411.jpg

これは、お造りの鱧と大葉に隠れている鯛。鱧はまったく火を通していな生だそうで、ここでしか味わえないとのことだが、真実は如何に?

line_750041882564869.jpg

鍋にも鱧が……。1日でこんなに鱧をいただけるなんて幸せだ。

お酒もたくさんいただいて、甘露な一日だった。

2日目の朝はホテルで朝食。コロナの影響でバイキング形式でないのが残念。

20200922_080052.jpg

湯豆腐までついちゃって、おばさんはこんなには食べられません。残しちゃいました。ごめんなさい。

2日目のランチは篠屋さんのご紹介で、京料理・てんぷらの天喜さんへ。
美しく設えられた庭園を通り、橋を渡って奥座敷に通される。ここも京都の料理屋さんだわ。

数寄屋造りのお部屋に生けられた花が、静かな食事の空間を演出する。

line_750045653605909.jpg

16013804150.jpeg16013804290.jpeg

そんな京町屋の風情のなかで、贅沢な時間を過ごした。

ごちそうさまでした。

        

スポンサーサイト



町子さんと京友禅

前回の続き
篠屋さんで貴重な歴史資料を見せていただいた後、西陣織の伝統工芸士 杉村町子さんがすくい織の帯を織っていらっしゃる様子を見学した。

新日本紀行で篠屋さんが紹介されたとき、10代目が新しく考案した帯の製作を依頼したのがこの杉村町子さん。テレビに映っていた町子さんは、気さくで元気なおばさん。お目にかかった町子さんもその印象のままの方だった。

line_750038041085443.jpg

line_750038166712318.jpg

織っているときが何よりも楽しいいっておっしゃっていた。天職なのだろう。あんまり夢中になっているときは、ご主人が食事を作ってくれるのだとか。そんなご主人も伝統工芸士なのだけれど。

ちなみに、下の帯は町子さんが織ったものらしい。7月下旬に結城を紹介されたときに合わせた帯。

2020081116144080e.jpg

そして、次は手描き友禅の現場へ。

篠屋さんの友禅の着物は、西陣お召に友禅を施す。ならば、地色のある所に色を指すのかと思ったら、さすがに然に非ず。染めていないお召糸で白生地を織って、そこに描くのだそうだ。お召なので糸が詰まっているので、染料がなかなか入っていかないので難しいとのこと。

line_750039717618619.jpg

20200921_161410.jpg


でも、地が染まっているのはなぜ? と伺ったら、こちらの工程は、青花で下絵を描いて、糸目を置いた後に、糊伏せして地染めをするのだそうだ。

そういえば、友禅染は糸目に使う糊で工程が違うという話を聴いたことがあったのを思い出した。たぶん、こちらはゴム糊をつかっておられるのだろう。地染めのあとに水洗いしても、ゴム糊は落ちずに残る。模様を彩色した後に溶剤でゴムを落とす。この工程だと、地色を見ながらバランスを考えて色挿しできるという利点がある。

20200921_163812.jpg

筆は、厚みのある平筆のような筆。本来はこのような筆を使うのだとか。この筆のほうが使い方によっていろいろな線を描いたり染めたり暈したりが自由にできると。でも、使いこなすのには時間がかかるので、最近は丸い書道の細筆のような筆を使うのが一般的になっているそうだ。

この着物の完成形がこちら。

750043786275128.jpg

750044118266795.jpg

篠屋さんに展示されていたのがあまりに素晴らしかったので、当てさせていただいた。感謝。

さて、京都ではおいしいごちそうもいただき、観光も少しだけした。その様子はまた後日。

        

篠屋(木村卯兵衛)さんのお宝を見せていただきに

西陣の帯問屋 篠屋さんのお宝を見せていただきに、4連休の後ろの2日間、京都まで行ってきた。

篠屋(ささや)さんは、8代将軍徳川吉宗の時代、1738年(元文3年)創業の今では西陣で一番古い織物問屋さんである。会社の名前は木村卯兵衛株式会社、屋号が篠屋。現在の社長さん(ご当主)は10代目木村卯兵衛さん。2012年に10代目を継いで、蔵を整理していたら文政年間に織られていた西陣織の紋帳や打掛など、古い職人の技を伝える貴重な品々が見つかったのだそうだ。現在では織られていない古い西陣織の技法が纏められた貴重なもの。これを引き継ぎ次代につなげようと復元事業も展開されている。その様子はNHKの新日本風土記やブラタモリでも紹介された。

そんな篠屋さんの本物の紋帳を見せていただけるというので、コロナ禍の中、ちょっと心配ではあったが京都まで行ってしまったのだった。

line_750035431848517.jpg

line_750035543143309.jpg

line_750035184923257.jpg

10代目とタモリさんしか触れたことのないという御紋帳。手袋をはめて、1枚ずつめくらせていただいた。全て草木染の空引き機で織られているとのこと。皇室関係や大名、寺社仏閣関係に納めていたのだそうだ。触れると裂けてしまいそうな、時代を感じさせるものだったが、和紙は丈夫だ。(奥が10代目)

line_750034926872371.jpg

上の写真、左側は日本で初めて開催された万博に出品したお品への賞状。贈呈者が内務卿従三位大久保利通と書かれている。

左側は、その万博の50周年記念と皇太子(昭和天皇)ご成婚を祝って開催された博覧会出品記念状。

20200921_142201.jpg

こちらは江戸時代の打掛。痛みがひどいため持ち出しできないとのこと。きれいな状態だったら、先日のきもの展に陳列されていたかもしれない。そのほか、古い丸帯や、緞子(朱子織)の帯なども見せていただいた。

line_750037814809610.jpg

ご自宅の裏の細く長い石畳を歩いていくと蔵が2つ。

line_750038712670078.jpg

まだ、江戸時代の大福帳(?)がカギのついた木箱に収められていた。このほか、絹糸を測ったと思われる天秤や、江戸時代後期に使われていた通貨が縄に通した状態で置かれていたり、帯問屋の歴史を感じさせてくれる品々が眠っていた。

篠屋さんは帯問屋さんなので、自社製品を作るというより西陣のプロデューサー。御紋帳が見つかったおかげで、それをもとに様々な帯や着物を考案してメーカーに提案している。10代目のご自宅訪問の後、篠屋さんのアイディアを implement してくれる心強い機屋さんと京友禅の染の仕事を見せていただいた。 そのお話は次回に。

        

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者