fc2ブログ

能『千手』を観る

もう、1週間以上も経ってしまったけれど、国立能楽堂の定例公演を鑑賞した。

狂言は『文荷』、能は『千手』。


『千手』は、一の谷の合戦で源氏に捕らえられ、死を待つばかりの清盛の四男、重衡と、重衡を慰めるために頼朝に遣わされた遊里の長の娘、千手との一夜のお話。


出家の願いがかなわず意気消沈し、自らの罪業を悔やむ重衡が、千手の思いやりに次第に心を開いていく情感を表現した曲である。重衡の心の中を覗く心理劇のような能だった。


世阿弥に代表される複式無限とは全く趣の違う現在能と呼ばれ種類の曲だ。

作者は金春禅竹。世阿弥の娘婿だそうだ。


場面が変わらない一条物で、前シテ、後シテというのがなく、通しで千手がシテ。でも、千手はワキのような役割にも思える。序の舞の後、重衡と千手が肩を触れ合ってすれ違う場面は、二人の契りを表しているのかもしれない。


謡と舞を中心に静かに進行する作品だった。


そして、この日の装い。

西陣宮田織物さんの縫取りお召しに

墨流しの袋帯

マスクが嫌に目立って残念 (;´д`)


スポンサーサイト



北信ピノ・ノワール キュヴェ・アキオ 2018

以前このワインを飲んで日本にもこんなおいしいピノ・ノワールがあるんだ、と感激したことを思い出して、また買ってみた。


一昨日は、夫が鉄男くん仲間とオンライン飲み会をするというので、ちょっともったいない気もしたけれど、開けて一緒に飲むことにした。


紅茶(?)やスパイスの香りとタンニンが印象的。けれど、果実味は前に飲んだ時ほど感じられず、感動もなかった。ヴィンテージの違いなのか、料理のせいなのか、体調のせいなのか……。おいしくはあるのだけれど。因みに、前に感動したのは2017年のピノ。



ところで、オンライン飲み会というのは、共通の趣味を持った人同士や、仲良し同士だと、盛り上がって楽しいもののようだ。夫が画面の向こう側の友人たちと話しているのは、休日になると作業している鉄道模型のことだった。その楽しそうな様子がうらやましく思えた夜だった。


年賀状

昨年くらいから、「新年のがお挨拶は今年限りに~」という年賀状を何枚か受け取るようになった。


高齢の親戚からのそういう賀状は、寂しさを感じつつも相手の年齢を思うと致し方なしと思うのだが、同業者や学生時代の友人からのものは、なんだ、私に書くのめんどくさいのか?と思ってしまったりして、少し気分を害する。


自分の立場から考えると、あまり親しくもないのに何となく毎年送っている人には、そろそろ「今年限り~」にしようかと思うこともある。だから、自分が受け取ると、親しくない整理された人なんだなという気がしてしまうのだ。


ということもあるけれど、何よりも、もうその人の情報が何も入ってこないかもしれないのが寂しい。何をしているのか、元気でいるのかを年に一度だけでも届けてくれるたよりとして、私は年賀状を楽しみにしているのだけれど。



歌舞伎を観に

東京は雪が降りだした。積もりそうだ。


さて、正月5日の昨日は、国立劇場の初春歌舞伎公演を観てきた。夫の会社で、団体購入のチケット斡旋があったので夫に頼んだところ、なんとペアではなく私一人分のチケットが届いた。たまには夫婦で観劇なんてのこいいかも、と思っていたのだが、彼には全く興味のないことだったらしい。


いつものようにおひとり様観劇であった。



演目は『南総里見八犬伝』。歌舞伎では通し狂言として演じられるようだ。



歌舞伎はあまり観ないので、よくわからないのだけれど、つまらなかった。立廻りなどの型がわかれば面白くみられるのかもしれない。


それにしても、菊之助さんはいつ見ても美しい。


そして、昨日の装いは、本藍の先染め小紋に、インドの街の風景を刺繍した貴久樹の袋帯。この帯、ほめられ帯なのだけれど、すっごく締めにくいのが難点。




あけましておめでとうございます

静かに家族で新年を迎えました。
午後には氏神様に初詣。昨年の無事に感謝し、これからの一年の息災を祈念しました。

16410478530.jpeg

さて、しばらくブログをお休みしていましたが、新しい年を迎えたのを機に気持ちを新たに再スタートしたいと思います。

ほんと、すべてが再スタートの気分。がんばろ。

 

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者