fc2ブログ

特別な日の装い

アイーダの鑑賞は、きものsalon というきもの雑誌が主催するサロン・ド・オペラの会に参加してのことだった。きものを着てオペラを観てから、その余韻とともにディナーを楽しむという会で、年に1度(もしかした2回?)開催されるイベントだ。何度か参加させていただきている。人気の高いイベントなので抽選があったりする。今回は先着順だったおかげで参加できた。

一人でオペラを観るときは、2階か3階の真ん中のブロックのシート(A席かB席)をとるのだけれど、この会の時だけはS席。そういう意味でも私にとっては特別な会だ。

きものは、七代目永治屋清左衛門の唐織の訪問着に、スコープココのダリヤ文様の袋帯。清左衛門さんのこのきものはなかなか着る機会がなくて、数年タンスに眠っていたのだけれど、ようやく外の空気を吸わせてあげられたという感じ。

16822382070.jpeg

開場に、同じ着物で色違いをお召しになっている方がいらしてびっくりしたり、うれしかったり。

16822381830.jpeg
彼女は、薄緑のお色目(@新国立劇場)

16822381690.jpeg
きものsalonの編集長さんもご一緒に(ディナー会場の東郷記念館)

このオペラの会はゲストも豪華。今回は、女優の賀来千香子さん。三大テノールの追っかけをやっていたお話とか、おきもののお話とか、とても楽しいいトークショーだった。大谷選手のファンらしく、最後は大谷選手をべた褒めしてらした。今のところ、彼は日本の宝のような存在だから、話題としてはどうしても避けられないかもしれない。

楽しい時間はあっという間に過ぎた。

 

スポンサーサイト



theme : 着物
genre : ファッション・ブランド

オペラ「アイーダ」@新国立劇場

新国立劇場の25周年記念公演『アイーダ』の千穐楽に行ってきた。

16822320630.jpeg

演出はフランコ・ゼッフィレッリ。この『アイーダ」 は新国立劇場の記念公演としての定期的に上演されている。前回は2018年4月に20周年記念公演は私も観た。前回の公演についてはここで少しだけ書いた。

華やかな衣装、装飾を凝らした舞台は前回と同じなのだけれ、総勢300人を超える出演者が舞台の上に集まっている光景は、コロナ禍では無理だったのではないかと思うと、特別な感動もある。それに加えて、出演者が素晴らしかった。5年前とは全く違う印象で、とにかく魅了だれてしまった。

アイーダは特に、タイトルロール アイーダの敵役 エジプトの王女アムネリスが歌う場面がとても多いのでアムネリスのメゾ・ソプラノはとても大切。今回はアイリーン・ロバーツが歌った。いや、素晴らしかった。アイーダの相手役 ラメダス役のロベルト・アロニカも伸びの良い美しいテノールにも聞き惚れてしまった。そして、アイーダの父、エチオピア王アモナズロ役の須藤慎吾も秀逸だった。

祭祀 ランフィスは前回と同じ妻屋秀和。安定のバスだ。

開場には「ブラボー」が何度も響き、アフターコロナなのだなと実感。でも、マスク率高く、うっかりマスクを外して、お友達とおしゃべりしてしまったら、お隣の席の方に、マスクしないならしゃべるな、と注意されてしまった。ごめんなさい。

ずっと閉じていたクロークも復活していた。


16822320740.jpeg
        

theme : オペラ
genre : 音楽

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
03 | 2023/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者