fc2ブログ

「白い」と「十分に白い」はどちらが白いか

今、やっている案件で
印刷物の白さを評価する実験結果が表になっているものがある。
白さの度合いが数値ではなく視覚に表現されている。

「やや白い」、「白い」、 「十分に白い」って。

さて、問題です。「白い」と「十分に白い」はどちらのほうがより白いでしょうか?

私は和英の翻訳しているからなのか、十分=sufficient が直感的に浮かんでしまうので
「白い」ほうが、「十分に白い」より白いと思ってしまう。

しかし、一般的な日本語の感覚としては「十分に白い」ほうが whiter なのだろうか。
実験結果をよく読んでみると、どうもそのようなのである。
「十分」はvery なのか。

で、訳語は"highly white"ってしておいた。なんだかな~ではあるが、あとがいろいろ面倒くさいので。

関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者