fc2ブログ

補正具をつけない着付け

昨日は久々に着付けのゼミに出席。
昨日のテーマは補正をしない着付け、というより和装ブラや腰パッドを使わないで、下着で補正するということ。

ブラはしないで胸当て。幅20cm弱。長さは胸を完全に覆って両端が肩甲骨に届くくらい。絹製がいいらしい。私はタオル地で作ったのを使っていたが、昨日、先生に見本(下の写真)を見せてもらって、やっぱり絹だなと思った。古くなった長襦袢などを利用して作るといいとのこと。
20170422105706862.jpg 

布は二重になってて、中に薄い芯が入っている。

で、こんな布を胸にしっかり巻く。これにもコツがあるのだが、文章で表すのは難しいが、布の上端がわきの下にくる高さになるように巻いたら、いったん両方のひもを肩に背負うにして引いて締めてから、ひもを前で結ぶと、胸の両脇の肉が抑えられてすっきりする。

腰回りとお腹は、湯文字と裾除けで補正する。
湯文字の裾除けも、お腹の肉を上に持ち上げるような要領で巻いて、腰布の余りは背中に回して、湯文字または裾除けの中に入れ込むと、この背中に入れた部分が腰パッドの役割をする。

湯文字のつけ方はこちらを参考に→ http://www.iki-modern.com/yumoji/

ウエストのあたりは、湯文字と裾除けで持ち上げたお腹のお肉と着物が補正になる。

というわけで、やってみると、今まで入れていた腰パッドはいったい何だっとのか? というくらいきれいに仕上がる。しかし、この場合の写真を残念ながら撮り忘れてしまった。

下の写真は、湯文字と裾除けなし(着物スリップのみ)で、二部式長襦袢の裾除けだけで試したもの。胸は自作のタオル地胸当てを使用。

20170421182141123.jpg 

湯文字と裾除けを使っていないせいか、若干ウェストがくびれて見える。帯の締め方にもよるかも。

参考に、同じ着物で、和装ブラ+腰パッドを使用した時の写真が下の2枚。

20170421182128187.jpg 20170421182117875.jpg

腰パッドは使ったほうがきれいに仕上がるけれど、胸は、胸当てで十分な感じではなかろうか。

湯文字は骨盤補正は腰痛にもいいらしいので、上手に巻いて活用したい。
これから夏に向かって、補正具なしで美しく着られるならありがたい。


関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者