fc2ブログ

微妙なお酒2種

桜が散ってしまったあとにハナミズキの花が開き始めた。我が家の庭のハナミズキも、今年はたくさん咲きそうだ。

さて、そんなこんなな1週間に飲んだ酒を記録しておこう。

20180407160556550.jpg 

北雪 大吟醸YK35
どこから見てもご贈答用の酒。山田錦を35%も削ったもったいないお酒だから、うまいに決まっているのだけれど、(くださった方には申し訳ないが)非常につまらない優等生な味。4合で4500円もするらしいのだが繊細過ぎて、お米に申し訳ない気がするのだった。

でも、二日目にはちょっと甘さが出てきて、よくなったのだが、そう感じた時には瓶はすでに空なのだった。

もう1本は日本のワイン。

20180407160611056.jpg 

ミュゼドゥヴァン 松本平ブラッククイーン
「信州松本平産ブラッククイーンをフレンチオーク樽にて熟成させました。濃紫色の深い色合い、凝縮された果実味、そして適度な渋みが特徴のバランスの良い赤ワインです」との記載が裏にある。

でも、オークの香りなんてしない。甘い、もわっとした薄い香りがしたかも。
最初、口に含んだ時に、心地よい渋みと甘さを感じたのだが、飲んでいくうちに、甘みが気になりだして「わいん」を思い出してしまった。(;´д`)トホホ。

        

関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者