fc2ブログ

能装束とその着付け

青山きもの学院の文化講義科オープン講座で能装束とその着付けについて学ぶ機会を得た。

講師は、観世流能役者の味方玄(みかた しずか)氏。


始めに、氏が来月主催する公演の演目「屋島」の解説を伺った後、実際に舞台で使用している唐織の女装束と、屋島の後シテの装束の着付けを間近で見ることができた。

20180429193511635.jpg

 20180429193531383.jpg 

20180429193539503.jpg

重そうな衣装を1本の紐だけできれいに着つけていく、流れるような手際の良さ、所作に見とれてしまった。貴重な経験だった。

そして、この日の私の着物はこれ↓
20180429193503206.jpg 

小糸染芸さんの小紋と尾峨佐染繍製汕頭のねん金名古屋帯。
帯揚げがいい感じと思うのだがどうだろうか?

        

関連記事
スポンサーサイト



tag : 尾峨佐染繍能装束

comment

Secret

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者