fc2ブログ

着物でバレエ『眠れる森の美女』

一昨日、友人がよく利用している呉服屋さん「京都きもの市場」と着物雑誌「きものSalon」との共同イベント「きものでバレエ」に参加して、新国立劇場で初日の『眠れる森の美女』を鑑賞した。

20180610161720110.jpg 

どういう縁か、今年2回目のバレエ鑑賞。
初日のオーロラ姫は 米沢唯さん、デジレ王子は井沢駿さん。
冨田実里氏が東京フィルハーモニー交響楽団を指揮した。

バレエは踊りのテクニックやマイムの意味が理解できると、もっと楽しいのだろうなと思う。

食事つきのイベントだったので、観劇後はバスで食事会場の新宿アイランドタワーへ移動。

ここには、この日、善の精・リラの精役で踊った木村優里さんと、オーロラ姫に結婚を申し込む4人の王子の一人として踊った渡邊峻郎(たかふみ)さんがゲストで、バレエの裏話を聞かせてくれた。

20180610161754576.jpg 

オーロラ姫が眠りについてから100年後に、デジレ王子が狩りにやってきて森でリラの精に出会っい、オーロラ姫の話を聞くシーンのマイムの解説がとても面白かった。

このお二人は17日にオーロラ姫とデジレ王子を務めるとのこと。

20180610161751912.jpg 

会場には、お二人のバレエシューズとトゥ・シューズも展示されていた。

なかなか楽しいイベントであったが、食事が残念。会費19,000円。バレエのチケット代はS席12,960円。団体割引があるはずなので高く見積もっても12000円。だけど、7,000円の料理では決してなかった。量は少ないし、おいしくもない。デザートのあとにコーヒーも出ない。

一緒に行った友人と、帰りにスターバックスでサンドイッチを食べながらコーヒーを飲んだのだった。食事が残念だと満足度が半減してしまう、最後がなんだかな~のイベントだった。

        

関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者