fc2ブログ

グレイス グリド甲州2017

「きいろ香」を飲む前に、「グリド甲州」を飲んでみた。

実は先週、中央葡萄酒のセールスマネージャー船橋清一さんのお話を伺う機会があった。「グリド甲州」の質問したら面白いお話を聞くことができたので、やっぱり飲んでみようと。

20180812112548834.jpg 

色は、淡い、本当に淡いグレーのようなレモン色。グリド・グリとは全然違うし、名前の由来から想像していたピンクがかったグレーとも違う。

20180812112552114.jpg 

味は、いい意味で最近の甲州っぽい。

船橋さんのお話では、シャトー・メルシャンの「グリ・ド・グリ」の製法はマセラシオン・カルボニクだが、グレイスワインは圧搾しているとのこと。

皮ごと圧搾した後は、ここの他の甲州シリーズと同じに、ドライアイス(炭酸ガス)を加えて嫌気性雰囲気をつくって酸素を遮断する製法なのだろう。

因みに、このワイナリーは甲州種のシリーズが豊富で、グリド甲州はシリーズの中では一番下のランクに位置するそうだ。

シャトー・メルシャンが「グリ・ド・グリ」を商品化する際、マセラシオン・カルボニックの特徴を表すために「グリド」という名称を使いたいと中央葡萄酒に相談があったのだそうだ。

         

関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

甲州♡

甲州は、柑橘系の香りがするのは大好きです。
造りによっては、日本酒のニュアンスのある、ぼんやりした輪郭のワインになることもあって、そっちはちょっと苦手。

中央葡萄酒は、いまの醸造担当は三澤さんて女性なんですよ。
会社をお父さんから引き継いで、自社農園の甲州を一から育てて苦労なさったらしい。よいワインを造るために甲州を糖度15%以上に上げるのに何年もかかったとか。

中央葡萄酒のワインは、東京だと、日本橋三越には必ず置いてありますね。

Re: 甲州♡

トモコさん、こんにちは。

甲州がワイン用の品種としてOIVに登録されたのも、ここの頑張りが大きかったみたいですね。
三澤彩奈さん、美人だしメディアにも結構登場してますよね。船橋さんがチェックが厳しいと言ってました。
温暖化を見越して、弟さんが北海道開拓中だとか。

日本橋プラザビルに山梨のアンテナショップがあって、そこにもこののワイン置いてありました。
プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者