fc2ブログ

「ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち」

この週末、少し時間があったので「ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち」を読んだ。

大学の「ワイン友の会」の仲間3人が、桔梗ヶ原メルローというワインに出会い、それを生んだ日本の醸造家・麻井宇介(うすけ)の思想を受け継ぎ、3人それぞれが日本では絶対に無理と言われたワイン用ぶどうの栽培から醸造までを一貫して手がけるワイン造りにすべての情熱を傾けるというドキュメンタリー。

3人というのは、ボー・ペイサージュの岡本英史、Kidoワイナリーの城戸亜紀人、小布施ワイナリーの曽我彰彦。

ワイン作りは農業でありワインは農作物なのだ。日本酒は米だけでなく、いい水といい腕の杜氏できまるが、ワインはブドウ(と酵母)だけの力で発酵し酒になるので、その良し悪しはブドウできまる。醸造技術にばかり目を向けていた彼らが、日本では絶対に無理と言われてきたワイン用ブドウの栽培にチャレンジしていくヒューマンドラマ調のノンフィクションとなっていた。

今では彼らの苦労も実り、日本ワインファンなら彼らの名前を知らない人はいないと思う。彼らの理想のワインは三者三様。この3人だけでなく、日本ワインの作り手たちは同様に苦労してきたのだろうし、それぞれ自分の作りたいワイン、理想のワインがあるのだろう。だから、ワインを飲む側も作り手の思想を知って飲んだらもっと楽しいだろうし、奥深く味わえるのかもしれない。

10月にこの本を原作にした映画「ウスケボーイズ」が渡辺大で主演で公開されるとのこと。

20180406-usukeboys_full.jpg 





         
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

この映画、調べてみたら、九州では鹿児島でしか上映予定がありませんでしたOTL

仕方ない、映画観るついでに温泉に入ってくるか。
と思ったら、「西郷どん」人気でまっとうな宿がとりにくいのだった…トホホ

Re: タイトルなし

トモコさん、亀レスでごめんなさい。

これ、東京でも1か所しか上映予定ないのよね。もっと増えることを期待したい。
プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者