fc2ブログ

家紋

喪服を作ることにした。紋付きってやつ。

しかし、困ったことに夫の家の家紋がわからない。

実は、姑が亡くなったとき、家紋どころか宗派もわからず大騒ぎしたのだが、家紋については未だに不明。姑の葬式の時は、姑の着物についていた紋で切り抜けた。おそらく、姑の実家の紋だと思うのだが……。

着物の文化の中では、喪服というのは5つの紋を入れなければいけないらしい。普段は、格とかしきたりとかということは全く気にしないけれど、「式」がつく場では一定の形を守るという常識は私にもあるので、紋は入れねばなるまい。

というわけで、家紋について調べてみた。

その結果、家紋って由緒正しく代々受け継がれていくものかと思っていたら、実は全然ちがって、お気楽なものなのだということがわかった。好きな文様を勝手に家紋にしてもいいらしいい。あ、家紋っていうからには家族の同意が必要なわけだけれど。でも、きっと、我が家では次の代に受け継がれるかどうかわからない。一代限り。

あ、そうしたら、それは家紋とは言わないかも。いずれにしてもオリジナルなのを作って、これが我が家も紋ですって宣言すればいいらしい。

で、チ・ジニの顔を家紋にしちゃおうかな~、なんて考えたのだが、喪服に紋を入れるに当たって、オリジナルな紋は版代がかかるらしい。そりゃそうだわね。で、それは止めにして、一般的な紋のなかから何かを選ぶことに。

さて、どれにしようかな。

関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者