fc2ブログ

映画『新聞記者』を観てきた

先週金曜日、封切の日に『新聞記者』を観てきた。

映画の中心を流れるストーリーはフィクションだけれど、その周辺は過去にあった、あるいは現在進行中の本当の出来事。

内閣調査局という私たちの税金で動く組織が、「国家」という名の「私的」な存在のために働き、世に流れる情報を操作している。恐ろしいけど、それが現実なのだろうか? そういう組織の中で生きている人たち。サスペンスでもあり、ヒューマンドラマでもある。

結末がリアリティーを高めていた。




そしてその日の装い

20190702182821299.jpg

20190702182851324.jpg
捩り織の夏着物に刺繍の夏名古屋
クリーム色のガラスの帯留めに同色系の三分紐
帯揚げも薄いクリーム色の紗

帯はずっとタンスの肥やし状態だったもの。初めて着けてみた。

      

関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

私も観ました

昨日観て来ました。
洋画ではこの手の映画はよくあるのだけど、まさかこの日本で公開されるなんて驚きでしたね。
公開後1週間でも120席のホールはほぼ満席。
みんな思うところがあるのでしょうね。

私は良く映画館に出没しているのだけど、あまり和服の人は見かけないですね。
とっても粋です。^^

のんちゃん、ご無沙汰してます。
怖い映画でしたね。
続きの物語は私たちが作るってことかもしれないと思いました。
プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者