fc2ブログ

羅織のきもの

羅の帯はたま~に見かけるが、着物は見たことがなかった。というか、手間暇かかるのに13mもよくぞ織りました、という感想しかない。

先週、伺ったスコープココさんの展示会で見せていただいたのだ。ついでに、そんな貴重なきものを当てさせてもらい、ちょっと緊張。しかしまあ、鮮やかなブルーだこと。

20190825171528129.jpg

組織がわかるように接写してみるとこんな感じ。

20190825171532841.jpg

羅というのは、経糸が隣の経糸に交差した後、さらに反対側の経糸に絡んでいくとう複雑な組織も有する。経糸同士が平行に並ぶのではなく、絡み合っていて、その間を緯糸が通る網目構造。ちょっと見ると編み物のように見える。

一緒に展示されていた羅の帯がこちら↓。この写真だと組織がよくわかる。

20190825171603355.jpg


スコープココさんのお着物は普通のでも高いのだけれど、この子たちの値段にはびっくりしたわ。ま、貴重な体験ではあった。

この展示会には、ド派手な YOSHIKIMONO も一点飾られていた。YOSHIKIさんのブランドなので、 これだけは撮影禁止だったけど。

さて、この日の私の装いはひまわり。

20190825171626687.jpg

20190825182740437.jpg

小糸染芸さんの紋紗に、菱屋善兵衛さんの新ブランド一栞(いちか)の夏名古屋帯。大きなひまわりがお気に入り。

      
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者