fc2ブログ

ながもち屋さんへ

もう着なくなった着物や帯を持ってながもち屋さんに伺った。

ながもち屋さんというのは、着物や帯の委託販売業者である。預かった着物や帯を販売して、その半分がながもち屋さんの取り分というシステム。と、思っていたらば

なんと、委託販売手数料が50%から60%に上がっていた。つまり、私の取り分は40%になっていた。この1月から変わったのだそうだ。

それもショックだったのだけれど、対応も酷かった。ずっと予約が一杯で、漸く昨日になったというのに、少々いいものをもちこんだためか、対応してくれた方、「私ではお値段をつける自信がないので、査定できる担当者にあとで対応して貰って連絡する」と宣うた。

予約して指定の日時に行ったのだから、当然、きちんと査定できる人が対応してくれるものとおもっていたのに、違うんかい❗ と思ったけれど、一旦引き上げて連絡を待った。

結果としての感想だけれど、結局、証紙付きの産地ものや作家もの、ブランド品以外は、元がどんなに高価でも、だいたい付ける金額が決まっていて、大概は素人が付けている。

ブランド品などは、そこそこ査定できる人が、あれこれ、それらしい難癖をつけて値段を下げる、というシステムに変わったようだ。以前はもう少しましだったと思うのだけど。

リサイクルきものの価格は下がっているということだろうか?

そんなわけで、持ち込んだ半分は持ち帰ってきた。そんなに安くて取り分は40%なら、自分で着るか、メルカリに出品するわ、と。

そして、ながもち屋さんを利用することはもうないと思う。

 
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者