fc2ブログ

ルテニウム担持炭素触媒って

「ルテニウム担持炭素触媒」って、担体はどっち?  担持されているのはどっち?  言葉だけではわからい。
今回の案件の場合、ルテニウムの触媒作用を使うって話。だから、担持されているのはルテニウムで、担体が炭素だと思って調べていると、
"ruthenium-supported carbon catalyst"
というのが結構ヒットして、私、間違ってますか? と不安になった。
でも中身を読むと、ルテニウムが炭素に担持されている。
 "ruthenium-supporting carbon catalyst" で検索すると、こちらは圧倒的に少数派。なんで?

ちょっと発想を変えて、”carbon-supported ruthenium catalyst" を検索したら、これが圧倒的に多くヒットした。ルテニウム触媒だものね。

名詞と分詞をハイフンでつないで形容詞として用いる場合
  • 「名詞ー過去分詞」形は    [名詞]によって~された/る○○
  例えば a battery-powered system  バッテリーで駆動されるシステム
                a water-cooled engine  水で冷却されるエンジン 
だらか
ruthenium-supported carbon catalyst だと、「ルテニウムが炭素を担持している触媒」ということになってしまう。

  • 「名詞ー現在分詞」形は   [名詞]を~している○○ 
  例えば  a light-emitting diode  光を発するダイオード → 発光ダイオード
                 an energy-saving design  エネルーギーを節約する設計 → 省エネ設計
だから 
ruthenium-supporting carbon catalyst だと ルテニウムを担持している炭素触媒ということになる。でも、炭素は触媒ではなく、単なる担体なので
carbon-supported ruthenium catalyst  ってなるのが正解。
あるいは、ruthenium catalyst-supporting carbon.

世の中、意外と誤訳が多い。DeepL も 多い誤訳に引きずられて "ruthenium-supported carbon catalyst”と訳してくれたのだった。

 

関連記事
スポンサーサイト



theme : 英語
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者