fc2ブログ

『三輪』を鑑賞@梅若能楽学院会館

7月の梅若会定式能で、川口晃平さんが『三輪』を舞われるというので、出かけてきた。

a41_table-2-scaled.jpg

『三輪』は、晃平さんによると「大和の三輪山を舞台に神代の恋物語と天岩戸神話が展開する古曲」。

大和国三輪の里に住む玄賓(げんぴん)僧都の庵に、毎日水を運んできてくれる里女がいた。ある日、玄賓がその女の住む三輪山を訪ねると、女体の三輪の神が現れ、玄賓に、神も衆生を救うために迷い、人と同じような苦しみを持つので、罪を救ってほしいと頼み、三輪の里に残る神と人との夫婦の昔語を語り、神楽を舞い、やがて天の岩戸の神話を語り、夜明けとともにその姿を消して、僧は夢から覚める、というお話。

舞台となっている奈良県の三輪の里は古代神話の故郷であり、三輪山全体をご神体に戴く。三輪の守は男神なのだけれど、それが女体となって現れ、 後半の神と人との婚姻物語、神代のはじめの天岩戸神話にむけて、舞台上の時空が古代へと引き戻されて行く。なんとも神秘的で幻想的なお能なのだけれど、ちょっと消化不良。

このお能は詞章をしっかり理解して、地謡の言葉をきちんと聞き取れるようにならないとだめだわ、と思った次第。現代語訳のお能ってないのかしら? って思ったりする。訳付きの謡本はあるのだけれどね。

もう一番は松山隆之さんの『自然居士』。こちらは勧善懲悪の活劇能。こちらはわかりやすいお話なので楽しめた。

ところで、この公演後、晃平さん、重要無形文化財保持者総合指定を受けたそうです。おめでとうございます。ますます励んでくださいませ。

 
関連記事
スポンサーサイト



theme : 能楽
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者