fc2ブログ

二期会オペラ『ドン・カルロ』@東京文化会館

この前の日曜日に、二期会オペラ『ドン・カルロ』を観に、生憎の雨だったけれど上野まで。

16978706070.jpeg

『ドン・カルロ』は、16世紀のスペイン宮廷を舞台にしたヴェルディーの傑作だけれど、 絢爛豪華な超大作でコストがかかりすぎるため、日本ではたま~にしかやられない。

今回は、5幕で4時間超の長い演出ではあったけれど、舞台を20~30年後の未来のスペインに設定し、現代的でシンプルなセットになっていた。描かれる価値観は16世紀のままなのだけれど、反動が急激に進んでいる今の世の中を見ていると、あれが近未来かもしれないと思ったりもする。

単なる悲劇の恋愛物語ではなく、為政者や権力者がそうあるべきかを問うような、現代にも通じるテーマも含まれている。そして、人民を支配する権力者も宗教(教会)に支配されているということ。宗教が権力という名の暴力を振るわせる。おかしいほどに現代に通じる。

演出したロッテ・デ・ベアがインタビュー記事で、なぜ「近未来」に設定したのかという問いに、明白に確認できる歴史的な状況ではなく、人間の共同体そのものを問題にするためだ、と答えていた。そういう視点から、思想の自由を求めるロドリーゴの姿が印象的に描かれていたように思う。

バスやバリトンの低音も引き立つ作品なので、ロドリーゴ役の小林啓倫さんのバリトンがなおのこと印象的だった。

最後のカーテンコールで写真OKだったので、一人で観に行くときの指定席(?)から1枚。

16978686810.jpeg

 
関連記事
スポンサーサイト



theme : 演劇
genre : 学問・文化・芸術

tag : オペラ

comment

Secret

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者