fc2ブログ

卓袱料理

しっぽくりょうり、と読みます。
長崎発祥の宴会料理だそうです。

先月、長崎に行ったときに初めていただきました。



中華料理のように大皿に盛ってあって、取り分けて食べるスタイル。

特長は、お鰭(おひれ)とうお汁で宴が始まること。
偉い人のスピーチがあって、乾杯して、それからお料理を食べるとうのが一般的な宴会ですが、まずはお汁に口をつけなければ、何も始められないのだとか。

初日の宴会のとき、司会者がだれかにスピーチさせようとしたら、ホテルのおじさんから、だめ~~~、まずお汁に口を付けてくださいって言われていました。

高級な鯛でだしを取ったとびきりのお汁だから、おいしいところをまずは召し上がれ、という古くからのしきたりなのだそうです。

しかし、その肝心のお汁の写真を撮り忘れました。






和洋中がまざったような、長崎ならではのお料理でした。
お味は、海外からお砂糖もたくさん入ってきたという歴史もあってか、甘めです。


最後はおしるこでしめるのだそうです。
でも、小豆のおしることは限らない。これは何だったかな? 忘れてしまいました、トホホ。
これもかな~り甘めでした。

ちなみに宴会の会場は、長崎国際ホテル 梅松鶴さんでした。



関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

miemama

Author:miemama
お着物好きの悩み多き特許翻訳者

カテゴリ
「趣味のきもの」記事一覧
「翻訳という仕事」記事一覧
「お酒」記事一覧
「クラシックエンタメ」記事一覧
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
検索フォーム
月別(表示数指定)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者